企業情報

コンテンツメニュー

ホームオーディオ

1950年

  • G型テープレコーダー
    G型テープレコーダー

    日本初のテープレコーダー。
    本機はテープスピード毎秒19cm、リールはハブが小さいソニー独特のもので10インチテープまで装着可能。最高裁判所をはじめ諸官庁に納入された。ガバメントの頭文字をとってG型と命名された。

1951年

  • H-1
    H-1

    コンスーマー用テープレコーダー1号機。家庭用ということで、ホームの頭文字をとってH型と命名された。海外旅行で使うような木製のトランク型のケースに入っており、重量は13kgと初代G型よりかなり軽くなっている。工業デザイナーによるデザインを初めて採用した。

1961年

  • TC-777
    TC-777

    日本初のオールトランジスタアンプ搭載テープレコーダー。7が三つ並んでいるところから「スリーセブン」と呼ばれた。

1964年

  • TC-263D
    TC-263D

    メカ部分のみのデッキ。録音はSRA-3という録音アンプを使って行い、再生はアンプのテープ再生用イコライザーに接続するというユニークな商品。当時、音楽はレコードで聴くものと思われていたが、レコードと同じようにテープでも音楽を楽しむことが出来るという考えを植えつけた革命的な商品。

1965年

  • TA-1120
    TA-1120

    世界初のオールシリコントランジスタステレオプリメインアンプ。ESシリーズの第1弾。真空管アンプでは不可能だった大出力と低歪率を同時に実現し、オーディオ界にセンセーションを巻き起こした。

1966年

  • TC-100
    TC-100

    ソニー初のカセットテープレコーダー“マガジンマチック100”。手軽な操作性、週刊誌半分程のコンパクトサイズ、カセットテープの特徴を最大限に生かす携帯性を持ちつつ、性能面でもオープンリールの周波数特性を超えるなど、画期的なモデル。

1970年

  • TC-9000
    TC-9000

    2トラ38cmのステレオテープデッキ。片道だけで、しかも半分の時間しか録音できない不経済なものだが、10号リールを使った時のプロ的な雰囲気、良質のディスクをも凌ぐトランジェント、セパレーションの良さは高級マニアをターゲットとして発売された。

1972年

  • リスン5
    リスン5

    システムコンポの先駆けとなった“リスン”シリーズ。

1973年

  • TC-2850SD
    TC-2850SD

    ショルダー式テープレコーダー「デンスケ」の愛称を受け継ぐ「カセットデンスケ」1号機。ポータブルタイプでありながら据置型としても十分使える高性能を有した。折からのSLブームに乗り、生録ブームの火付け役となった。

1977年

  • PCM-1
    PCM-1

    家庭用VTRと接続して、デジタルレコーディングを可能にするオーディオユニット。プロの技術ととらえられていたPCM(デジタル技術の応用)をアマチュアにも簡単に取り扱うことができるようにしたという点で、オーディオ史上重要な意味を持つ商品。この技術は、後のコンパクトディスク開発へと繋がっていく。

1982年

  • CDP-101
    CDP-101

    世界初のコンパクトディスクプレーヤー。直径12センチ、デジタル信号で記録されたCDは原音に忠実なハイファイ音を実現。デジタルオーディオの幕開けとなった。

1987年

  • DTC-1000ES
    DTC-1000ES

    デジタル・オーディオ・テープレコーダー(DAT)デッキ。高音質のデジタル録音・再生が手軽にでき、より正確な「高速サーチ」「ダイレクト選曲」等、デジタルテープレコーダーならではの様々な機能を搭載。

1993年

  • MDS-101
    MDS-101

    据置き型ミニディスクレコーダー1号機。テープでは不可能な曲順入れ替えや不要部分の瞬時消去が容易にでき、ミニディスクならではの豊富な編集機能でMDディスクづくりが楽しめる。

1998年

  • MDR-DS5000
    MDR-DS5000

    映画館のような臨場感のある音声を再現するデジタルサラウンドヘッドホンシステム。

1999年

  • SCD-1
    SCD-1

    スーパーオーディオCDプレーヤー第1弾。DSDフォーマットの持つ原音再現能力を引き出し、音楽のニュアンスや雰囲気までも忠実に再現する。

2003年

  • TA-DA9000ES
    TA-DA9000ES

    マルチチャンネル・インテグレート・アンプ。ESシリーズにおいてフルデジタル・アンプを初搭載。原音により忠実な表現力と高音質の再現を可能にした。

2004年

  • NAS-A1
    NAS-A1

    ネットワークを介して、音楽ダウンロードや音楽CDの購入が楽しめる“エニーミュージック”サービス対応のネットワークオーディオシステム。

2008年

  • NSA-PF1
    NSA-PF1

    長さ約1メートルの有機ガラス管を振動させて、1台で奥行きと立体感あるクリアな音を360度へ広げるユニークで高音質なスピーカーシステム“Sountina”(サウンティーナ)。

2009年

  • TA-DA5500ES
    TA-DA5500ES

     世界初、自動位相マッチング技術“APM”を搭載したマルチチャンネルインテグレートアンプ

2010年

  • STR-DH710
    STR-DH710

    3Dやオーディオリターンチャンネルなど、HDMI規格の新機能に対応したマルチチャンネルインテグレートアンプ

2011年

  • TA-DA5700ES
    TA-DA5700ES

    世界初※ 聴感補正技術「サウンド・オプティマイザー」を搭載した 9.1ch再生対応、7チャンネルインテグレートアンプ
    ※マルチチャンネルインテグレートアンプのスピーカーの能率測定と、映画制作時の基準レベルの相違に基づく独自聴感補正技術として。(2011年9月28日広報発表時点)

  • MDR-DS7500
    MDR-DS7500

    業界初※ の高さ方向を新たに加えた3Dの音場を再現するデジタルサラウンドヘッドホンシステム 
    ※民生用デジタルサラウンドヘッドホンシステムとして(2011年8月現在 ソニー調べ)

このページの先頭へ