企業情報

コンテンツメニュー

ビデオカメラ

1981年

  • HVC-F1
    HVC-F1

    撮像部にソニー独自のMFトリニコン管を使って水平解像度300本の高画質映像を実現。大口径レンズはF1.4と明るく、6倍ズームに対応する。

1983年

  • BMC-100
    BMC-100

    ビデオカメラにベータ方式のデッキを内蔵した「ベータムービー」1号機。

1985年

  • CCD-V8
    CCD-V8

    統一規格の8mmビデオテープに記録するカメラ一体型ビデオの1号機。撮像素子は新開発の25万画素CCDで、電動6倍ズームを搭載、高画質録画が可能。また1.97kgという軽量化を実現した。

1989年

  • CCD-TR55
    CCD-TR55

    「ハンディカム」の愛称で親しまれた8ミリビデオカメラ。790gという超計量化を実現し、“パスポートサイズ”のキャッチフレーズは一世を風靡した。最新技術をおしみなく投入し、旅行が手軽に記録できる時代を作った。

1995年

  • DCR-VX1000
    DCR-VX1000

    DV方式ビデオカメラの1号機。3CCDを採用した高級モデルで、業務用ビデオカメラに匹敵する高画質が得られる。DV端子も初めて搭載

1996年

  • DCR-PC7
    DCR-PC7

    新パスポートサイズのデジタルビデオカメラ。2.5型フレキシブル液晶モニターを搭載した業界最小・最軽量モデル。

2004年

  • DCR-DVD201
    DCR-DVD201

    記録メディアに直径8cmのDVDを採用。DVDならではの快適な操作性と撮ったらすぐにDVDプレーヤーで見られる簡便性が特徴。

  • HDR-FX1
    HDR-FX1

    民生用として世界初1080i方式ハイビジョン記録が可能なHDV規格対応デジタルビデオカメラレコーダー 。
    ※ 2004年9月時点。民生用デジタルビデオカメラレコーダーとして(ソニー調べ)

2005年

  • HDR-HC1
    HDR-HC1

    家庭でも手軽に1080i方式の高精細なハイビジョン映像を記録できるデジタルHDビデオカメラレコーダー。新開発のCMOSセンサーで小型化を実現。

2006年

  • HDR-SR1
    HDR-SR1

    ハードディスクに高精細なハイビジョン撮影が可能なAVCHD規格方式デジタルハイビジョン ハンディカム®。

2009年

  • HDR-XR520V
    HDR-XR520V

    世界初、裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R”を採用し、暗所でもノイズの少ない高画質撮影が可能さらに「光学式手ブレ補正」機能、世界初となるGPS機能を搭載したデジタルハイビジョン ハンディカム®。

2010年

  • NEX-VG10
    NEX-VG10

    世界初のレンズ交換式HDビデオカメラ ハンディカム®。

2011年

  • HDR-TD10
    HDR-TD10

    2D映像に加えて、高画質なフルハイビジョン3D映像の撮影が手軽に出来る3Dハンディカム®。

  • HDR-PJ40V
    HDR-PJ40V

    液晶パネルに小型のプロジェクター機能を搭載。暗い室内などでは、投影距離3mで約60V型までの画面サイズに投影できる。

2012年

  • (上)HDR-PJ760V、(下)CX720V
    HDR-PJ760V
    HDR-CX720V

    手ブレ補正の飛躍的進化で望遠時の撮影も手ブレを抑えた世界初「空間光学手ブレ補正」を搭載。「プロジェクター」を内蔵し、壁などをスクリーン代わりにして映像を映し出せる。
    ※ AVCHDフルハイビジョンが撮影可能なビデオカメラとして、2012年1月11日広報発表時点。

  • HDR-AS15
    HDR-AS15

    カメラ本体を身体や自転車のハンドルなどに取り付けて、アウトドアで迫力ある体感映像を高画質に撮影できるデジタルHDビデオカメラレコーダー アクションカム。

2013年

  • FDR-AX1
    FDR-AX1

    ソニー初の民生用4K※1カムコーダー。フルHDの4倍の解像度を持つ4K※1画質の撮影(毎秒60フレーム)が可能で、スポーツなど動きの速いシーンでも臨場感を損なうことなく、滑らかで高精細かつ高画質な映像を記録できる。
    ※1 QFHD(3840×2160)

このページの先頭へ