企業情報

コンテンツメニュー

研究開発

イノベーションを起こすために取り組んでいる研究開発を紹介します。

デバイス&マテリアル研究開発本部

デバイス&マテリアル研究開発本部は、コーポレートR&Dとして、世の中にない機能を持つデバイスと材料の探索研究と実用化開発を行っています。五感を使ったセンシング・アクチュエーションに関するテクノロジーを駆使して、感動あふれる世界の実現のために日夜取り組んでいます。

人々の状態を自動的にリアルタイムに把握する生体センサなどのセンシングデバイス、暮らしの中に新たな映像シーンを届けるディスプレイや感性に訴えるアクチュエーティングデバイス、等、より自然なユーザーインターフェースの実現のための研究開発を通じて、"世界初"の技術と体験の提供を目指しています。

システム研究開発本部

システム研究開発本部はソニー本社のR&Dプラットフォームに属し、情報処理を中心としたシステム系技術開発を担い、ソニーのエレクトロニクス分野に留まらずファイナンスやエンタテインメントなどのプロダクト・サービスの創出を支えています。進歩が早いこの技術領域の中で、国内外の大学・研究機関やソニーグループの海外研究開発拠点と連携しながら世界最先端技術の研究開発を推進しています。

「創造と挑戦」というソニーの理念のもと、技術革新に挑み続け、お客様に感動を与えることのできる新たな価値創造にチャレンジしていきます。

システム研究開発本部の技術領域
  • 映像・コンピュータ
    グラフィックス
  • オーディオ・
    アコースティクス
  • コンピュータビジョン
  • 音声・自然言語処理
  • インタラクション・
    ヒューマンセンシング
  • 機械学習
  • 通信
  • システムアーキテクチャ・
    プロセッサ
  • ロボティクス
  • コンセプトプロトタイプ開発

Future Lab Program

"Future Lab Program(フューチャー・ラボ・プログラム)"は、2016年にソニーが開始した技術・研究開発を起点に、オープンな環境で技術に基づく新たなコンセプトを核とした未来のライフスタイルや価値をユーザーと共創していくプログラムです。ソニーとして初めて取り入れる新たな研究開発手法で、システム研究開発本部で開発中のコンセプトプロトタイプをユーザーに紹介し、フィードバックやインスピレーションをもらい、それを反映しながら進化させていくものです。

AI×Robotics

これまでソニーが培ってきたAVテクノロジー、センサー、メカトロニクスなどの技術に、AI(人工知能)、ロボティクス、通信などを新たに組み合わせることで、生活空間のあらゆる「ラスト・ワン・インチ」にかつてない提案をしていきます。

ソニーコンピュータサイエンス研究所

ソニーコンピュータサイエンス研究所は、新たな研究領域や研究パラダイム、新技術や新事業を創出し、人類・社会に貢献することを目的に、1988年に設立されました。研究者の自由意思を尊重し、新たな研究分野を開拓。単なる模倣や改良に終わらない、真に創造性にあふれた研究活動を行っています。

最も重要なことは、Disruptive(破壊的)なことに挑む意欲のあるCrazy(異人・変人)な研究者を集め、思い切り取り組ませることです。研究には、その人の価値観、人生観、世界観が反映されます。研究所の発足当初は、分散オペレーティングシステムやコンピュータネットワークなど次世代のコンピュータシステムの基礎を担うテーマを中心に研究活動をスタートしました。その後、研究領域を、システムバイオロジー、経済物理学、人工知能へと拡張。現在はさらに、農業、都市計画、エネルギー、そして医療などの社会課題を扱うグローバル・アジェンダと、人間の能力拡張(Human Augmentation/Creativity)を主な研究テーマとしています。また、東京に加えパリにも支所(1996年設立)があります。

このページの先頭へ