AI × Robotics

好奇心を刺激する体験の創出

AIとロボティクスを身近に

ソニーは、世界でいち早くAI × Roboticsの可能性に着目し、1999年に家庭用エンターテインメントロボットAIBOを発売しました。それは、最先端技術による新しい体験の提供という大きな挑戦でした。

その後も、ロボットで培われたAIの要素技術を進化させ、デジタルカメラにおけるスマイルシャッター™やプレイステーション®の顔認証ログインなど、様々な商品、新しい体験を産み出し続けています。またソニーは、AIシステム自身が成長する枠組み(自律発達知能="Autonomous Cognitive Development Intelligence")や深層学習にも早期に着手をしてきました。これらの新しい技術は、いままさに次世代のAI技術として注目されはじめています。

好奇心を刺激するAI

さらに、ソニーは、AIとロボティクスの領域で脈々と進化させてきた要素技術と最新の技術を融合して、パートナーの企業や研究機関とともに新しい挑戦を始めます。ソニーは、自律的かつ継続的に学び、より広範な領域に適応可能な、新たなAI技術を通じて、人々と寄り添いながら共に成長し、時に利便性を提供し、また時に好奇心を刺激する家や都市空間の創出に挑戦します。