経験者採用

コンテンツメニュー

人事制度

社員一人ひとりが仕事に夢中になれる環境を整えること。
その仕事を通して自分らしいキャリアを自分で実現できるように手助けをしていくこと。
そうした仕組みを日々職場と一緒に考え、ソニーらしい人事制度を目指しています。


教育研修制度

常に変化に対応するため、学ぶ意欲のある人、学び続ける姿勢を持つ人に新人から管理職まで各々の役割に着眼した多くの学習機会を用意しています。例えば、新人研修、技術研修、ビジネス研修などがあり、それぞれの研修ごとに第一線で活躍する社員が講師となる事もあります。

研修全体図 (2016年度)

階層別必須研修・目的別選択研修

「人間力」と「仕事力」の強化
業務に不可欠な知識や能力を習得するために受講する業務研修と、自発的な能力開発に取り組む社員のための自己啓発研修を提供しています。
ソニーの人材育成の柱は「人間力」と「仕事力 (専門性)」の強化であり、年次や役割に応じて必要な領域を学びます。業務研修では特に「コミュニケーション力」と「思考力」に注力した研修体系が組まれています。
また、社員の語学力向上支援を目的に、個々のレベルやニーズに合わせて語学学習に取り組めるよう、各種e-Learning、社内英語クラス、TOEICコース等、多彩な語学プログラム用意がされています。日本国内のソニーグループ各社も同様に、英語・中国語をはじめとして「自己啓発」「通学支援」「社内TOEIC®」などの語学研修を充実させています。

グローバルに活躍できる基幹人材の育成・登用

ソニーは2000年に "ソニーユニバーシティ (Sony University) " を東京・品川に設立しました。「ソニースピリット」「ビジネスビジョン」「経営実行力」「人的なネットワーク」という4つの観点から、ソニーのビジネスを牽引するグローバルリーダーを、国・地域・組織を越えて育成する場として、長期・短期のプログラムを実施しています。
受講者は、経営陣とのディスカッションや社内外の有識者との交流を通じて互いに切磋琢磨しながら、グローバル企業の経営者に求められる広い視座やリーダーシップ、人間力を身につけていきます。

グローバルに活躍できる基幹人材の育成・登用
このページの先頭へ