障がいのある方へ

栗田光晴

栗田光晴

障がいの有無に関わらず「戦力の一員」として働ける会社です

半導体チップ用のファームウェアを開発
例えばブルーレイレコーダーにテレビ番組を録画する際には、放送用のデータを記録用のデータの形式に変換するといった作業が必要になります。このようなデータ変換用の半導体はさまざまな製品のさまざまなところに使われているのですが、それぞれの機能を果たすためにソフトウェアが組み込まれていなければなりません。

私の仕事は、このような半導体チップ用ファームウェアの開発になります。チームの中でもまだ若手ですが、毎月部内で開催される勉強会などで新しい技術情報の習得にも力を入れており、こういった機会も通じて私も少しでも早くこの分野のプロと認められるようになりたいとがんばっている毎日です。

使う人のことを考えることで製品開発は楽しくなる
ソフトウェアの開発は学生のころからずっと続けていますが、仕事となると、ただプログラムを書けばいいというものではありません。開発チームの中で話しあいながら細かい仕様を決め、次にそれをどうやって実現すればいいかといった議論を重ねたうえで、初めて具体的な開発作業が始まります。このため、何をするにも「なぜ、今、それが必要なのか?」といった理由づけをし、他の人にきちんと説明できるようにしておかなければなりません。

気ままにプログラミングをしていた学生時代と比べると慣れない仕事も多いのですが、ただここでは「自分が現在、手がけている仕事はたくさんの人の生活に役立つはずだ」というイメージが描け、その点がやりがいにつながりますね。

エンジニアとして、社員として、働きやすい会社
私は小学校1年生のときから車いすを使って生活していますので、移動の不自由には慣れています。そんな私にとって、ソニーはきわめて働きやすい会社ですね。オフィスは、比較的、新しい都心のビルなので、トイレなども含めて環境は整っています。デスクまわりも余裕をもったレイアウトになっていますから、通行に困ることもありません。また通勤には自家用車を使わせてもらっていますが、寮から職場までは30分ほどです。

社風というのか、ソニーには、もともと個性的な社員が多いせいか、障がい者であっても特別な枠に入れるのではなく、完全に溶け込んでしまいますね。会社も「戦力の一員としてしっかり働いてほしい」という考え方で採用していますから、業務内容や成果で応分に評価してもらいたいという自分の思いとも合致しています。

憧れの"ウォークマン"をつくっていた会社だから
入社を決めた最大の理由は、先に書いたように、ソニーは障がいがあっても一人前の戦力として採用し、入社後も快適に働けるように体制などを整えてくれることがわかったからです。ただそれ以前に、ソニーには強い憧れがありました。中学生のとき、従兄弟が持っていた"ウォークマン"がかっこよく、ほしくてしかたがなかったというのが最初のイメージで、以来、いくつかのソニー製品を使ってきて、中には深く愛着を持ったものもあります。だからこそ、ユーザーに思い入れをもってもらえるような製品をつくりたくて、この会社に入ったのです。

まずは勉強、そのためにはコミュニケーションを
まだ、課の中では一番の若手ですから、夢を語る前に、勉強して一人前になることが先だと思っています。ソニーの場合、成長するにも受け身ではだめで、自分から積極的に他の人に働きかけていくことが大事だと感じます。このため私は、入社直後から、自分の考えや意見をためらわずに伝えるように心がけてきました。その理由は大きく言って2つ。1つはきちんと納得したうえで仕事がしたいからで、もう1つは障がいを持っているからといった理由で周囲にあまり気を使われたくないからです。ちゃんと議論ができる相手だと認識してもらえれば、先輩たちともどんどん情報交換ができ、生きた勉強になる。そう考えています。

もっとも、最初はそうやって、多少、気を張っていたものの、ソニーでは自然にみんなと打ち解けられる雰囲気があるので、「特別扱いされるのでは……」といった心配は完全に杞憂でした。

ひとりひとりの「思い」に応えてくれる会社
私自身、実際に働いてみるまでは、障がいを持った自分がきちんと意義ある仕事を得て、なおかつそれが正当に評価されるような職場があるのか不安な面もありました。しかし、ソニーにはきちんとその思いに応えてくれる風土があると思います。

就職にあたって同じような悩みを抱えている人は多いと思いますが、ぜひ安心して、全力で臨んでください。

プロフィール
栗田光晴 2010年入社
半導体事業本部
研究開発部門
先端信号処理研究4部
下肢障がい
ある1日のスケジュール   9:30 出社、予定とメールのチェック
10:00 打ち合わせの資料作成
12:00 昼食
14:00 仕様に関して打ち合わせ
16:30 議事録作成
17:00 仕様の検討作業
20:00 退社

半導体・デバイス・材料

※ 所属は取材当時のものです。

このページの先頭へ