SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

SPIRIT OF CHALLENGE ここから、終わりのない進化を。SPIRIT OF CHALLENGE ここから、終わりのない進化を。

誰でもクリエイターになれる世の中で、
感動を届けることとはなんだろう。

誰もが健康で楽しく生きていくために、
私たちができることはなんだろう。

誰かから選ばれ、
ともに歩んできた経験と、
この技術力で世界を変えられるのはなんだろう。

その無限の可能性に向かって
ここから、終わりのない進化を。

Products

Consumer Cameraコンスーマーカメラ

ソニー独自の技術が
切り拓く
新しい映像体験

約30年の歴史を誇る"Handycam®"をはじめとして、"Cyber-shot™"、"α™"と立て続けに映像表現の領域で新しいチャレンジに挑み、マーケットに大きなインパクトを残してきたソニーのデジタルイメージング。
α7シリーズに代表されるフルサイズミラーレス、圧倒的な高解像と美しいボケを両立させたG Masterシリーズに代表されるα交換レンズ群、高画質を手のひらに実現したCyber-shot™RXシリーズなど、他に真似のできない強い製品群で映像表現の未来の姿を提案し続けています。2017年には世界初のメモリー内蔵フルサイズ積層型CMOSイメージセンサーの搭載でプロフェッショナル市場に大きなインパクトを与えた『α9』、また、全く新しいコンセプトで、カメラ単体での撮影のみならず、多台数を同期させるバレット撮影など、群での映像表現の新しい可能性を提案する『RX0』を発売。
これからもこれまでと変わらぬ姿勢で、お客様や社会のみならず社員自身も"わくわく"するようなイメージングの未来、表現の可能性に挑戦していきます。

Products

Professional Camera業務用カメラ

最先端技術と
エンジニアのこだわりを結集させ
映像の力で新たな時代を切り拓く

イメージングにおける最先端の技術を駆使しプロフェッショナル用途のカメラ開発も手掛けています。プロフェッショナル用途で使われるカメラには常に最高のクオリティが求められ、技術の進化に終わりはありません。終わりなきイメージング技術の進化を最前線で牽引する、それがソニーのカメラの使命です。

Solutions

Broadcast放送

良質な映像制作の現場を
技術と知識で支える

ソニーは60年以上に渡り、世界中の映像制作に携わる方々と共に歩み、技術の研鑽を続けています。ハンディなボディに高いパフォーマンスを兼ね備えた業務用カムコーダーは、ニュース取材の現場などで幅広く使われています。また、システムカメラは世界的なスポーツイベントやスポーツの映像制作、音楽イベントやバラエティ番組、ドラマ、ニュース等、世界各国の様々な番組制作で日々使われています。
誰もが世界にコンテンツを発信し変化を起こすことができる時代だからこそ良質な映像制作の技術が求められており、世界中の放送局の未来を見据えて開発を行っています。
今後も、映像を扱うプロフェッショナルとしての誇りを持ち、「美しい、感動した」と満足いただけるよう、映像制作に携わるお客様と一緒になって技術を開発し、視聴者の期待を超える映像体験に挑戦していきます。

Solutions

Cinemaシネマ

撮影から上映まで、ソニーの
映像技術ソリューションで
更なる感動体験を提供

2000年に世界初のデジタルシネマカメラ「HDW-F900」を導入してから約20年、ソニーは常にお客様と共に進化を続け、新たな映像技術ソリューションを導入し続け映画制作現場をリードしています。2017年2月には、8Kイメージセンサーを搭載したデジタルシネマカメラ「F65」の開発が長年の映画技術への貢献を高く評価され、米アカデミー科学技術賞を受賞しました。さらに最新技術を搭載したデジタルシネマカメラ「VENICE」を導入し、カメラだけでなく映画制作者の思いをそのまま表現できる制作用マスターモニター含めた、制作総合ワークフローもカバーする映像技術ソリューションを提供することで、常にお客様の期待を越えられるように挑戦し続けています。
お客様と一緒に文化や芸術の次元を高めていくことを使命と考え、撮影から上映まで、新たな感動創出の挑戦を続けていきます。

Solution

Sportsスポーツ

映像解析技術により、
スポーツの魅力向上に貢献

ソニーはこれまで、スポーツビジネスにおいて、選手の動きを分析した結果をOnAir映像に重畳したり、試合後に選手にフィードバックしてスキル向上に役立てたりするなど、高い貢献を果たしてきました。中でもHawk-eye社(*)に代表される映像解析技術は、数々のスポーツの現場において、ミリ単位の正確さで光学的にボールなどの動きを捉えてリアルタイムに解析することで、新しい映像の可能性を追求しました。その結果、スポーツエンタテインメントに高付加価値を与え、また、サッカー・テニスなどにおけるビデオアシスタントレフリーのようにスポーツ審判を補助し、競技レベルの引き上げにも成功しています。
今後も、積極的に現場に足を運び、アスリートや放送局のお客様から直接話を聴いて、付加価値の高いイメージングソリューションを提供します。

(*) 2011年にソニーが買収したスポーツ競技でボールのイン・アウトを判定するサービス事業会社

Solutions

Visual Story

“リアルタイムコンテンツ”
x
“オンラインギャラリー”

1日を振り返ることができる大量の写真をストーリー仕立てで当日納品、オンラインギャラリーで提供するサービスをプロカメラマン向けにアメリカで開始しました。それが「Visual Story」です。いままでは、ウェディング、パーティー、イベントなど、一日に数千枚を撮影する場合、画像転送、セレクション、加工、提示まで、数日を要していました。
Visual Storyを使用すると、プロカメラマンは、完全に編集およびキュレーションされたフォトギャラリーを、現場および大規模なイベントの日に即座に配信できるようになります。
ギャラリーの作成、クラウドストレージ、Web配信を簡素化する結婚式やイベントのプロカメラマン向けの新しいアプリケーションであるVisual Storyにより、ソーシャルメディアを介して、ギャラリーを友人や家族とすぐに共有できるようにすることで、クライアントの全体的な満足度を高めるソリューションを提供します。プロカメラマンの声、ウェディングイベント主催者の声を聞き、サービスとして作りこんだVisual Storyにより、新しい映像体験を提供していきます。

Office

ソニーシティ
みなとみらい

イメージングの
価値・未来を切り拓いていくためイメージング事業の総力を結集!

2020年にみなとみらいオフィスが完成しました。3年余りの長い年月をかけ、社員一体となって『Open Up』をコンセプトに掲げ作り上げてきました。

多様なコミュニケーションを通した働き方ができるコラボラティブ(Collaborative)な空間であり、互いに刺激、発見し合い、新しいクリエイションを生み出せるクリエイティブ(Creative)な空間となっています。
イメージング事業の未来を切り拓く、これまでのソニーオフィスにはにない全く新しい空間です。

また、用途に応じて柔軟に構成できるカスタマイズ(Customizable)可能な空間となっています。今後は、オフィスという固定的な場にとらわれず、自宅などリモートワークの場とリアルオフィスを含めた『複合的な場』を活用した全く新しい働き方が求められていく中で、その先駆けとなるチャレンジの場として、ソニーシティみなとみらいは立ち上がります。

このページの先頭へ