ビジョン/グループ紹介

ソニーの半導体事業

ソニーの半導体事業は1954年に日本で初めてトランジスタを商用化したことから始まります。それ以来、ソニーの独創的な製品や市場の創出に貢献し続けています。イメージセンサーの分野では1980年に世界初のCCDカラーカメラを商品化し、さまざまなヒット商品を生み出しました。2004年以降は低消費電力で高い読み出し速度を実現したCMOSイメージセンサーへ注力し、2009年には裏面照射型CMOSイメージセンサーを、2012年には積層型CMOSイメージセンサーを世界で初めて商品化しました。スマートフォン市場の拡大を背景に、現在もイメージセンサーにおいて業界トップ※を走り続けています。

※市場シェア 49%(2017年実績 金額ベース)
   出展:テクノ・システム・リサーチ

事業フィールド

ソニーの半導体グループは、イメージセンサーを中心として、ディスプレイデバイス、各種LSI、半導体レーザーなどを含むデバイス事業を展開しています。中でもイメージセンサーはモバイル向けを中核として、今後は車載カメラや監視カメラ、ファクトリーオートメーションなど新規領域における成長が期待されています。従来のデジタルカメラやモバイル向けなどの鑑賞領域としてのイメージセンサーは、個人の楽しみや便利さを提供してきました。それに加えて、社会の便利さや、安全・安心を提供する、認識領域としてのセンシング用途のイメージセンサーを次の成長の柱と位置付けて、“リーディングカンパニーとして10年後も社会に必須の存在であり続ける”ことを長期ビジョンとして掲げています。ソニーの半導体グループは、これまでも技術革新によってイメージセンサーの新たな市場を創造し続けてきましたが、今後もさらなる成長をめざしてチャレンジし続けます。

グループビジョン

  • Our Mission
    人の心に感動を与えると共に
    安全・安心・便利・高効率な社会を実現することで、
    人と社会の豊かさに貢献します。
  • Our Vision
    世界No.1のイメージング&センシングテクノロジーと、
    世界No.1の開発・製造オペレーションで
    人や機械の視覚・認識機能を究極的に高め、
    様々なソリューションを展開していきます。
  • 行動指針
    グループ一体となって、
    競争力の源泉となる自社技術を徹底的に磨くと共に、
    他社技術も迅速かつ柔軟に活用し、
    持続的に成長していきます。

グループ長期ビジョン

リーディングカンパニーとして
いつまでも社会に必須の存在であり続ける

イメージング&センシングテクノロジー

グループ各社事業領域

  • HQ・
    研究開発
    ソニーセミコンダクタソリューションズ
    株式会社
    新たな「価値」と「感動」を
    世界に提供するソリューションカンパニー

    ソニーセミコンダクタソリューションズは、イメージセンサーを中心に、ディスプレイデバイス、各種LSI、半導体レーザーなど多岐にわたるデバイス事業を推進しています。新たな価値と感動を半導体デバイスで創造する、それがソニーセミコンダクタソリューションのミッションです。

    研究開発、商品企画

  • 設計ソニーLSIデザイン
    株式会社
    世界を進化させる半導体設計の専門集団

    ソニー唯一の半導体設計専門会社として、新しい製品の価値、機能の実現を担うのがソニーLSIデザインです。高画質、低消費電力、微細化、高速情報処理など、複雑で高度な技術課題を設計力で解決し、世界を進化させる半導体デバイスを具現化します。

    設計

  • デバイス
    開発・製造
    ソニーセミコンダクタ
    マニュファクチャリング株式会社
    世界最先端の半導体 “ものづくり” を実現

    ソニーセミコンダクタマニュファクチャリングは、ソニー半導体製品のデバイス開発、製造を担っています。世界初の裏面照射型 CMOS イメージセンサーをはじめとする最先端の技術で、世界中の人たちをワクワクさせるものづくりを実現します。

    デバイス開発・製造

グループ関連拠点(日本国内)

日本国内のグループ関連拠点マップ

グループ関連拠点(海外)

海外のグループ関連拠点マップ

このページの先頭へ