新卒採用

コンテンツメニュー
オーディオ・アコースティックス:ウォークマン®、CD、ハイレゾなど、サウンド分野の先端技術開発を主導してきたソニーのオーディオ技術。今後も「究極の音響体験」を追い求め、革新的なオーディオ技術を生み出していきます。

原音の臨場感をありのままに再生する
高音質化技術

スマートフォンや各種オーディオ機器においても高音質のニーズが高まってきています。「DSEE HX™」はCDやMP3などの音源をハイレゾ相当の情報量をもつ高解像度音源にアップスケーリングする高音質化技術です。また「DSD*リマスタリングエンジン」はあらゆる形式の音楽データをDSD信号に変換し、原音により忠実な再生を可能にします。
* DSD (Direct Stream Digital) : 音声信号を1bitのパルス波形密度で表現するSuper Audio CDの記録方式。

周囲の騒音を低減し、音楽をクリアに楽しめる
デジタルノイズキャンセリング(DNC)

2008年、ソニーは世界で初めてノイズキャンセリングヘッドホンのデジタル化を実現しました。マイクやスピーカーの音響技術、電気回路・LSI技術、信号処理アルゴリズムを統合することにより、高いノイズキャンセリング性能を小型・低消費電力で実現しています。現在はノイズ低減にとどまらず、 DNC用マイクを使って、周囲の必要な音だけを通す「外音取り込み機能」も合わせて開発しています。

3DオーディオのMPEG標準化を推進
オーディオコーデック

これまで地上波デジタル放送や音楽配信サービスで採用されている音声圧縮方式「AAC」のMPEG標準化等に寄与してきました。近年は4K/8K放送や360度VR向けに3DオーディオのMPEG標準化を目指して技術を開発しています。特に視聴者を三次元的に音で包みこむ「オブジェクトオーディオ」の再生における技術の標準化に注力しています。

For the Future
目指すは究極の音響空間

ハイレゾのさらなる表現力(解像度)向上に加え、22.2chサラウンドやMPEG-H 3D Audioなどの3次元音響空間の再現に取り組んでいます。身近な場所でコンサートホールの臨場感をそのまま再現する究極の音響空間技術を追求していきます。
このページの先頭へ