コンセプトプロトタイプ開発:今までなかったもの、他にはない新しい体験を生み出すために、さまざまな技術を組み合わせたプロトタイプを開発しています。

ユーザーにプロトタイプを公開し、新たなイノベーションへ

プロトタイプ開発を社内から社外へ。2016年より「フューチャー・ラボ・プログラム」という新たな試みを開始し、現在は「フューチャー・エクスペリエンス・プログラム」として、社内で開発中のコンセプトプロトタイプをユーザーに公開。フィードバックやインスピレーションをもらい、技術開発に反映させながら、新たな体験を生み出しています。

第1弾公開のコンセプトプロトタイプ"N"。スマートフォンで不自由になっている耳や手を開放し、ハンズフリーで音楽や音声情報を楽しめるデバイス
第2弾公開のコンセプトプロトタイプ"T"。普通のテーブル上をインタラクティブな空間に変える、新しいプロジェクションシステム

システム研究開発本部が
技術貢献した「Life Space UX」

空間そのものを活用して、新しい体験を創出する、ソニーの新コンセプト「Life Space UX」。その中の1つ「グラスサウンドスピーカー」は、システム研究開発本部のプロトタイプ開発による技術提案をもとに生み出されました。

透きとおるような音で空間を満たしリラックス空間をつくりだす「グラスサウンドスピーカー」
このページの先頭へ