業務用機器から民生機器に至るまで映像の世界をリードしてきたソニーの高画質化技術。これからも最先端の技術を融合することで、映像のリアリティを追求し、感動と驚きを与える新たな映像体験の創出に挑みます。

高画質化技術

あらゆる映像を4K画質に変換できる「超解像処理」をはじめ「ノイズリダクション」「階調・色復元」「動きボケ除去」といった映像機器向けの信号処理技術を広く開発しています。さまざまな種類・品質の映像に対して、データ圧縮などで失われた時空間解像度、階調・コントラスト、色に関する画質要素を復元し、高解像・ハイダイナミックレンジ(高輝度)、広色域の映像を提供します。映像技術の基本となる高画質化を通じて本来の質感やリアリティーを再現することで、新たな映像体験の向上を追求しています。

[超解像処理の流れ]

ビデオコーデック

大容量データである動画をネット配信や記録保存するために欠かせないのが、データの圧縮・伸張技術「ビデオコーデック」です。これまでMPEG2、AVC、HEVC等の標準規格化に技術貢献するとともに、ソニーの各製品にカスタマイズしたコーデック技術を提供してきました。8K、VR、自由視点映像など新しい映像フォーマットの普及に伴い、今後もデータ量が飛躍的に増加していく傾向にあります。更なる高圧縮率を目標とする次世代動画符号化方式の開発や、新たな映像体験を実現するためのコーデック開発を進めています。

[コーデックの変遷]

空間ディスプレイ映像処理

空間上にあたかも実物が存在するかのような映像再現を目指して「空間ディスプレイ」の研究を進めています。実現のためには、光線再生ディスプレイなどデバイスの進化が期待されますが、同時に、映像コンテンツを自然に再現する技術も必要となります。そこで、デバイス性能を最大限に活用するための信号処理技術や、人間の視覚特性を考慮して各種コンテンツに最適な視点生成・描画をする技術の開発に取り組んでいます。快適で自然な空間映像を再現することで、ディスプレイ技術の進化に貢献していきます。

[空間ディスプレイのイメージ]

次世代撮像システム

近年スマートフォンを中心に、カメラの高性能化と薄型化のニーズが高まっています。1つのセンサで高性能化しようとするとカメラが厚くなるため、特性の違う複数センサを並列配置することで高性能化と薄型化を実現する、マルチカメラシステムを開発しています。例えば、高解像度のカラーセンサと高感度のモノクロセンサを組み合わせて、高解像度かつ高感度なカラー画像をつくり出すことができます。複数センサ間の対応箇所を検出する技術と、センサ毎の特性を融合するフュージョン技術を開発しています。

[マルチカメラフュージョン処理]
このページの先頭へ