新卒採用

コンテンツメニュー
映像・コンピュータグラフィックス:プロフェッショナル放送用機器から民生機器に至るまで映像の世界をリードしてきたソニーの高画質化技術。これまでの技術の蓄積に加えて、最先端のコンピュータビジョンやコンピュータグラフィックスの技術を融合し、映像の感性価値の追求および感動と驚きを与える新たな映像体験の創出に取り組んでいます。

映像本来の美しさを引き出す
高画質化技術

あらゆる映像を4K画質に変換できる「超解像処理」をはじめ「ノイズリダクション」「階調・色変換」「動きボケ除去」といった映像機器向けの信号処理技術を広く開発してきました。さまざまな種類・品質の映像に対して、データ圧縮などで失われた時空間解像度、階調・コントラスト、色に関する画質要素を復元し、高解像度・ハイダイナミックレンジ・広色域の映像を提供します。
超解像処理の流れ:映像の1コマごとにノイズ量などをリアルタイムに計測し、高精度にノイズを低減。超解像処理を行い、2Kや4Kなどの映像フォーマットや品質に合わせて高画質化します。

今までにない映像体験を提供する
自由視点映像

実世界を三次元的にキャプチャーすることにより、その映像を後から自由に視点を動かして視聴できる技術が「自由視点映像」です。この技術は「全天球映像」と「任意方向自由視点映像」に二分されます。撮影カメラの適切な配置、リアルタイムでの映像再生等の課題に対し、撮像・映像技術の蓄積を生かした技術開発によって、自由視点映像による新たな映像エンタテインメントの提供を目指しています。
任意方向自由視点映像:複数の方向から内向きに撮影することで、ユーザーはいろいろな方向から視聴することができます。

次世代動画符号化方式を開発
ビデオコーデック

大容量の動画をネット配信や記録保存するために欠かせないのが、データの圧縮・伸張技術「ビデオコーデック」です。これまでMPEG-2、AVC、HEVC等の標準規格化に技術貢献するとともに、ソニーの各商品にカスタマイズしたコーデック技術を開発・提供してきました。現在は8Kに向けた次世代動画符号化方式の開発や、自由視点映像などを実現するためのコーデック開発を進めています。

For the Future
その場に本当にいるかのような臨場感へ

今後は、その場に本当にいるような圧倒的な臨場感を実現する「バーチャルリアリティ(VR)」や「テレプレゼンス映像」技術などの開発に注力し、撮像・伝送・表示など一連の要素技術開発を加速させることで、新たな映像体験の創出を目指していきます。
このページの先頭へ