新卒採用

コンテンツメニュー
機械学習:人間と同じような高度な学習機能をコンピュータで実現しようとする「機械学習」。人が機械に合わせる必要はなく、一人ひとりに合わせた心地よさを生み出す製品・サービスのため、知的技術のさらなる進化を目指しています。

高性能と柔軟性の両立で現代機械学習の基盤を成す
Deep Learning

「Deep Learning」は多層構造のニューラルネットワークを用いた機械学習の一手法です。従来手法に比べ、格段の高性能と柔軟性の高さから、これまでにないさまざまな応用が考えられています。すでにソニー製品の映像・音声認識、センシング、行動認識、各種データ解析において、人々の言葉・しぐさ・行動傾向などをより深く正確に理解するための基盤技術として積極的に採用されています。
Deep Learningの解析イメージ:Deep Learningでは、入力信号が多数の層を経由するうちに、低次の特徴量から高次の特徴量までを自動的に抽出し、入力した対象を高精度に認識できます。

過去のデータを学習し、将来を予測する
予測分析技術

「予測分析」は、過去のデータに基づいて将来の結果を予測する技術です。近年のデジタル化による膨大なデータベースの獲得と、機械学習技術の発展による格段の予測精度向上を背景に、不動産の価格推定や顧客行動の予測に基づくダイレクトマーケティングなどで実用化を進めています。予測精度がビジネス効果に直結するため、最先端技術による高い性能の実現と応用先に合わせた最適設計を目指しています。
中古マンション売買サービスへの展開:1.所在地や築年数など見積もり物件の情報を入力 2.膨大な不動産関連データを学習し、物件価格を高精度に予測 3.推定価格を出力

システム自身が試行錯誤しながら学習していく
強化学習

「強化学習」は自律システムが試行錯誤を通じて環境に適した行動を獲得する学習技術の1つです。人がタスク達成方法を設計しなくても、システム自身が学習していくことで自律的にタスク達成の方法を探索・獲得することができます。現在、最先端技術を獲得するために海外大学や外部研究機関と共同で自律移動体や対話エージェントへの応用を目指した研究開発を進めています。

For the Future
人に寄り添い、人を支えるAI技術を目指して

機械学習技術を進化させ、さまざまなインテリジェント機能を実現するとともに、システム自身が自律的かつ継続的に学び、より広範な領域に適応する新たなAI技術を開発します。人に寄り添いながら共に成長し、驚きと利便性にあふれる新たな体験の創造に挑戦します。

この技術領域に関わる
社員のインタビュー

「国境を越えて活躍中!」
児島 環
「国境を越えて活躍中!」
中橋 亮
このページの先頭へ