新卒採用

コンテンツメニュー
システムアーキテクチャ・プロセッサ:あらゆる商品・サービスの基盤となるシステム技術。OSからアプリケーション、クラウドのみならず、プロセッサアーキテクチャを含めた幅広いシステム技術開発を行い、次世代機器・サービスへ向けた研究開発を推進しています。

次世代商品群の基盤を提供
システムソフトウェア

ソニーは2001年に世界に先駆けて各種AV機器向け共通OSとしてLinuxを開発・搭載し、ソフトウェア開発の効率化や機器の高機能化を実現してきました。今後は、従来のAV機器やネットワーク機器に加え、「AI×ロボティクス」などの製品に向けて次世代情報処理フレームワークを搭載したシステムソフトウェアを開発していきます。

先進の認識技術をワンパッケージで提供
ビジョン・行動センシングシステム

行動認識や画像認識のアルゴリズムを効率的に実現するためのプロセッサのアーキテクチャから、システムソフトウェア、開発環境の構築まで幅広く開発しています。デバイスからソフトウェアまでを最適化し、低消費電力かつリアルタイムに動作する先進の認識技術をワンパッケージで提供することにより、ウェアラブル機器やIoT機器などの新規商品創出に貢献しています。
独自開発のプロセッサで広がる新商品創出:超低消費電力センシングプロセッサとリアルタイム/低消費電力画像認識プロセッサにより新商品を創出します。

低遅延の徹底追求
ネットワーク・クラウド連携技術

クラウドの応用として、従来のローカルデバイスでは困難だった大容量データの取扱いや空間をまたぐマルチユーザー連携・データ連携などの技術を開発してきました。さらに、独自の高速レスポンス技術をはじめ、耐障害性技術、機微情報活用技術*、ユーザーテスト技術を取り込んだサービス基盤の提供に向けて開発に取り組んでいます。
* 位置情報や生体情報などの機微情報を安全にクラウドで活用するための技術。
高速レスポンス技術:高速レスポンス技術では、「デバイス・クラウド連動処理」とクラウド側の「ストリーム分散処理」の連携によって、徹底的な低遅延を追求しています。

For the Future
デバイスからクラウドまで一貫して開発

今後、ウェアラブル、Life Space UX、ロボティクスなどの次世代商品群への展開を見据え、新たなアーキテクチャ開発を推進していきます。デバイスのコアエンジン開発からネットワークサービス基盤の構築まで一貫して行い、独自の次世代システム開発に取り組んでいきます。

この技術領域に関わる
社員のインタビュー

「職種別社員紹介」
山口 隆盛
このページの先頭へ