自由闊達にして

愉快なる理想工場

創業者の一人、井深大が設立趣意書の中で記した言葉です。1946年1月、終戦からわずか半年後。希望の光すら見いだせなかった時代に、高らかな大志と、技術者たちの能力を存分に発揮させたいという強い想いをもって記されました。ソニーで働くすべての社員が共有するスピリットです。
参加資格は実現への情熱

Seed Acceleration Program

2014年4月にスタートしたソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」は既存の事業領域外の新しい事業アイディアを集め、育成することを目的としています。ソニーならではの手法で新たな事業を立ち上げ、イノベーションを創り出していくことを目指しています。
働きやすさ×働きがい

輝く女性エンジニア

ソニーでは、男女問わず活躍できる環境があります。働きがいのある、好奇心にあふれる仕事にあなたらしく挑戦していけるのは、女性エンジニアも同じ。エンジニアとしての「創造と挑戦」を、あなたのライフスタイルをもとに実現出来ます。
アイディアの秘密基地

クリエイティブラウンジ

ソニーの本社に開設された「クリエイティブラウンジ」には3Dプリンターや工作機器などが設置され、様々なアイディアをその場で試作することができます。社外の方も使用することができ、お客様とのダイレクトな対話を通じた共創型の開発・商品改善により、まだ世の中にない新規事業の立ち上げをより高い精度でスピーディーに実現していきます。
技術と誇りの発表会

社内技術見本市

毎年3日間開催される、社内向けイベント「STEF(Sony Technology Exchange Fair)」。事業の飛躍そして新しいチャンスを切り拓くことを目的に、研究開発・商品設計からものづくりまでの技術交換を行います。実際に、STEFをきっかけに生まれた商品やサービスも多くあります。

ソニーの新規事業

ソニーにはアイデアさえあれば、キャリアに関係なく新しいビジネスを創るチャンスがあります。
自分のアイデアを製品としてカタチにすることに成功した、ソニー社員のインタビューをご紹介します。


女性社員インタビュー

ソニーには誰もが活躍できる環境がある。そのキーワードは好奇心(Curiosity)。
個々の好奇心を形にする2名の女性社員のインタビューと、そんな社員を下支えするソニーの制度をご紹介します。


若手社員による社内ツアー

設立趣意書の”自由闊達にして愉快なる理想工場”の言葉通り、クリエイティブな仕事ができる環境で、様々な個性をもった社員が働いています。若手社員がソニー社内の見どころを、みなさんにご紹介します。


ソニー語録

ファウンダーである井深 大、盛田 昭夫をはじめ、ソニーの歴史を築いてきた人物たちの言葉をご紹介します。
脈々と受け継がれてきた想いをご覧ください。


関連リンク集

もっとソニーを知っていいただくために、目的に応じた各種コンテンツもご用意しています。

このページの先頭へ