新卒採用

コンテンツメニュー
  • 商品に寄せる想いが強い人間たちでプロジェクトを動かす。ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」なら尖った考えも実現できるのです。
對馬 哲平
所属:新規事業創出部
専攻:工学部 精密科学専攻
入社:2014年

本当にアイデアを実現できるのは大企業? ベンチャー?

私は、子どもの頃から大のウェアラブル・ファンで、学生時代から情報携帯端末を自分の手で改造して使い込んでいたほど。現在、開発を進める「wena wrist」のコンセプトも、私が学生時代に考えつきました。ヘッドの部分には従来のアナログ時計を採用しつつ、バンドの部分にモジュールを埋め込んだ時計で、バンドのピースに非接触IC技術やアンテナ、バッテリーなどを分割して搭載し、つなぎ部分に配線を敷き、バンドの薄型化を実現。おサイフケータイ、スマートフォンと連動した通知、ログの3つの機能に絞り込んだ身軽でスマートな毎日を実現してくれるものです。
就職を考える際に、私はこの「wena wrist」のアイデアを具現化できる場がどこかを考え、大企業かベンチャー企業かでかなり悩みました。大企業なら社内に多彩な要素技術があり、時計メーカーなど外部とのコネクションを築くのも容易なはず。ベンチャー企業の方は、意思決定が早くスピード感をもってやれるのではないか、と。最終的にソニーに決めたのは、ハードウェアベンチャーのほとんどが量産で苦労しているので、製品の難易度から量産経験を積みたいという想いがあったためです。

100人近い社員にプレゼンしてアイデアの盲点をなくしていく

入社して配属されたのは、情報携帯端末のハードウェア設計に関わる部門。「wena wrist」の実現にはハードウェアの量産が鍵を握ると考え、希望したセクションでした。入社早々の新入社員研修で「wena wrist」のバンドの部分のアイデアを試作・CG化したところ、いきなり高く評価されたのですが、その際にいただいたコメントから、アイデアを話しているだけではダメで視覚化されると人は "おっ" となる、つまり「カタチにすること」が大事なのだと思うようになりました。そして昼休みなどの時間を利用して、研修時にカタチにしたものを同期や紹介された先輩など100人近くの社員にプレゼンしてまわりました。それをもとに評価点や問題点を数多く蓄積し、あらゆる角度からこのアイデアの死角や盲点をつぶし200枚の資料に仕上げ、満を持して新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」(以下「SAP」) のオーディションに応募したのです。それが入社1年目の秋のこと。そして合格し翌2015年春、同じく入社1年目の同期社員3人と一緒にプロジェクトチームを立ち上げました。結果的にはベンチャー企業のスピード感と大企業の多様な専門性を併せ持った「SAP」で日々このプロジェクトを進めています。

意思決定できる反面、結果責任も重い

「wena wrist」の試作品発表は、ドイツで開催された世界最大級の家電見本市 「IFA2015」でした。小さなブースだったのですが、注目度は非常に高く、「ぜひ自分の国で販売を」とたくさんの人が訪れ大きな自信となりました。また、同じタイミングでクラウドファンディングとEコマースのサービスを兼ね備えたサイト「First Flight」(ファースト・フライト) に発表。2か月間で2000人以上のサポーターから約1億円の支援を受け、日本のクラウドファンディング史上最高記録を樹立しました。そして今は、誰もが24時間「wena wrist」のことばかり考えているような、非常の純度の高いチームで開発に取り組んでいます。メンバーそれぞれが「wena wrist」の世界観に夢中になり、たとえ経験は少なくても商品に寄せる強い想いでプロジェクトを動かしています。
そんなチームをまとめ、販売戦略やパートナー選定も仕切っていける反面、結果責任も重くプレッシャーで胃が痛くなることもあります。でも事業を行うとはそういうこと。入社2年目でありながら統括課長というポジションを与えられ、純度高く新規事業に挑戦できる経験は、なかなかできません。「SAP」は、まさにそれを経験できる得難い仕組みです。多くのソニーの先輩たちが温かく支えてくれたように、私自身のこうした経験を後輩に伝えていきたいと思っています。本気で取り組む自覚がある後輩には、いまの自分が蓄積しているノウハウをすべて注ぎ込んで、応援したいと思っています。

  • 2016年2月現在

wena wrist

「wena」とは、「wear electronics naturally」の略したもの。「人々にもっと自然に、違和感なく、ウェアラブルデバイスを身につけてほしい」という想いが込められています。自然でさりげなく使える「日本らしい」ウェアラブルデバイス、それが「wena wrist」です。

このページの先頭へ