新卒採用

コンテンツメニュー
2016 Vol.1 競争力のあるCMOSイメージセンサーのアナログ回路設計に挑戦中。 川﨑 凌平 物質創成科学研究科/物質創成科学専攻 ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社 イメージングシステム事業部 IS設計部

私の仕事

入社から取り組んできたこと

CMOSイメージセンサーの開発プロジェクトの一員として、アナログ回路設計に取り組んできました。新しい回路を設計して特許を出願したり、設計そのものだけでなく業務フローを学ぶなど、毎日新鮮な気持ちで多くのことを経験しています。世の中の常識を覆すような最先端技術が搭載されたセンサーの開発に携わりながら、入社してから半年以上経った今もワクワクしながら業務に取り組んでいます!

とある一日

8:30 起床 9:15:出社 (まず初めに、1日のスケジュールやメールをチェック) 9:30:回路シミュレーションの結果確認 (シミュレーションに時間が掛かる場合は、夜に設定して翌朝に結果を確認することも) 11:00:設計打ち合わせ 12:30:昼食 13:30:デスクで業務 (シミュレーション結果や設計の進捗状況などの資料作成) 15:30:プロジェクトの定例ミーティングに出席 19:00:退社 19:30:バスケ (シーズン時には、週末に試合) 21:30:遅めの夕食 24:30:就寝

チューターからみた川﨑 凌平

石井 広康

新人テーマ研修を通して特許を出願するなど、期待以上の成果を出しています。また、業務に主体的にとりくむ姿勢やバランス感覚はとても素晴らしいと感じています。「チューターをすぐに超える」と生意気な事も言います(笑)が、大変期待しています。

上司からみた川﨑 凌平

上田 亨

新人であるにも関わらず、すでに特許も出願できる即戦力です。業務にプライベートに充実した日々を送っていて、職場でも輝いています。より競争力のあるセンサーを開発していくことを期待しています。

10の質問

就職活動について

01. 会社を選ぶ上でこだわっていたことは何ですか? 学生時代の研究に関連するCMOSイメージセンサー開発に携わりたいと思っていました。やりたいことが既に決まっていたので、職種や携わるモノが採用の段階で決まっているかどうかが就職活動の軸でした。そのため、CMOSイメージセンサーの世界トップメーカーであり、コース別採用の形式をとっているソニーを第一志望に就職活動に取り組んでいました。

02. ソニーに興味を持ったきっかけは何ですか? 大学院1年生のとき、ソニーのサマーインターンシップに参加したことがきっかけです。インターンシップでは、一人ひとりが職場に配属された上で課題解決に取り組ませてもらえるので、リアルな現場を体験することができます。インターンシップを通じて、高い技術力や、活発な議論ができる雰囲気に魅力を感じ、ソニーに興味を持ちました。

03. 学生時代に勉強してきたことを、今の仕事に活かせていますか? 研究の一環で取り組んだ、CMOSチップ設計の経験が役立っています。この経験があったおかげで、比較的早い時期でも臆することなく設計業務に入っていくことができました。また、業務をこなしていくにつれて、設計の経験以上にデータのまとめ方や資料の作り方など、研究を通して培ってきた経験が大きく活かせていると感じています。

ソニーについて

04. あなたにとってのソニーの魅力とは何ですか? 入社前から感じていた魅力は、ソニーブランドの格好良さです。ソニー製品はスマートでオシャレだという印象をもっていました。その印象は入社してからも変わりませんが、ソニーを内側から見ると良い意味での泥臭さや地道さというものもあり、外から見えるスマートさはそれらが土台にあるのだなと感じています。

  • ソニーのバスケ大会、ソニーカップで優勝。バスケ部新人の3人で記念撮影。
05. 職場の雰囲気はどうですか? 私の職場は、CMOSイメージセンサーを開発設計する部署です。忙しい部署ですが、プロジェクトのメンバーと前向きに協調して仕事に取り組める環境だと感じています。そのような雰囲気だからこそ、世界トップのポジションでCMOSイメージセンサー開発が出来るのだと思います。
06. 記念すべき初仕事は? CMOSイメージセンサーの設計仕様の初期検討です。回路シミュレーションを用いることにより、定められた設計仕様の実現可能性を確認するというものでした。結果を社外の方に電話会議で報告するなど初めての仕事にしては大きなものでしたが、先輩社員のサポートもあって何とかやり切ることができました。

プライベートについて


  • カメラを持って紅葉を撮りに行った、とある休日。
07. 今興味を持っていることは何ですか? 写真を撮ることです。学生時代からカメラに興味があり、入社後に思い切って購入しました。同じような人が同期にはたくさんいます(笑)。まだまだ勉強中ですが、旅行などで人物や風景を撮り、カメラの魅力に惹かれています。いつの日か、自分自身で設計したセンサーが搭載されたカメラで写真を撮ることが私の夢です!

  • 同期と湯河原へ温泉旅行。 Xperia™でα6000を遠隔操作して撮った奇跡の一枚。
08. 仕事とプライベートの両立は出来ていますか? 両立できていると思います。週末に向けて仕事をひと段落させるようにスケジュールを調整し、金曜日に定時退社して遊びに行くことがあります。これまでに同期と、レンタカーで秩父へキャンプに行ったり、電車に飛び乗って湯河原へ温泉旅行に行ったりしました。もちろん仕事は面白いですし、週末も学生時代より充実して、楽しい日々を送っています。
09. 寮での生活はどうですか? 平日でも夜に仲の良い同期と会えるのが魅力です。たまに帰宅が遅くなった日でも同期と話したりすることでオン/オフの切り替えができて、次の日の業務もより頑張ることができている気がします。また、同期の業務について話を聞くと、やる気が向上します。

最後に

10. 就職活動中の学生さんへ一言 就職活動は色んな業界や会社を知ることができるとともに、それ以上に自分自身のことを知る良い機会です。この機会を活かしつつ、本当にやりたいことが何なのかを真剣に考えていれば、また、やりたいと思ったその気持ちが行動に表れていれば、きっと評価されると思います。是非、就職活動を楽しんでください!

※ 所属は取材当時のものです。
このページの先頭へ