新卒採用

コンテンツメニュー
2015 Vol.1 お客様の視点を追求し、デジタル一眼カメラの新しい機構を開発中。 永瀬 友美 理工学部 化学科 デジタルイメージング本部 コア技術第1部門 機構設計1部

私の仕事

入社から取り組んできたこと

デジタルイメージング本部では、「こんな製品があったら絶対に嬉しい…!」という社員一人ひとりの自由なアイディアをベースに、0からモノを作り上げ、社内で披露し合うイベントがあります。私が入社してから半年間は、そのイベント準備に無我夢中でした。お客様にとってのメリットとは?どうすれば感動を届けられるか?その実現には何が必要か?…製品を進化させるべく、新たな機構を考案・設計し、出来上がったモノをお客様(イベントでは社員ですが)に実際に手に取って評価してもらう。その一連の経験は、実務のプレ体験となりました。その後2015年10月からは、新しい機種の設計チームにアサインされ、本格的な設計業務に取り組んでいます。

とある一日

起床 9:00:出社 スケジュール&メールチェック 9:30:チューターにその日の予定を報告 (自分の方針が合っているか?効率的なやり方は?必要な知識は?たくさんのことを学べる機会です。) 10:00:設計ツール3D CADを用いて、機能を実現するための機構を設計 (自分ならではのアイディアを機構に盛り込むことができるのは、とてもわくわくします!) 11:20:社員食堂にて同期と昼食 (同期とはなんでも話せる仲です♪) 12:05:課ミーティングでカメラ市場の動向や新製品情報を共有 (課員が撮影したプライベート写真を和気あいあいと品評し合う場でもあります。) 13:00:機種設計チームでミーティング (進捗を発表して、自分一人では気づかない設計ミスを確認。知識豊富な先輩方のアドバイスを頂きます。) 15:00:ミーティングでの気づきや学びを、自らが設計した形状にフィードバック (サイズや外観デザイン、強度を意識しつつ、機能を実現する形状をブラッシュアップしていきます。) 19:30:退社 20:30:スタジオでダンス(職場ではデスクワークが多い分、運動はとても大事♪) 22:00:自由時間(読書やニュース、SNSチェック) 24:00:就寝

チューターからみた永瀬 友美
チューター

中川 敬太

入社して半年、研修や実務を通して世界初の新しいアイディアを実現することの楽しさ、難しさを実感していると思います。「アドバイスを素直に聞き入れ、すぐに実践できる」という永瀬さんの良さを活かして、世界中を驚かせる素晴らしいカメラを開発していきましょう。

上司からみた永瀬 友美
上司

久松 浩二

永瀬さんの素晴らしいところは、常に明るく前向きに取り組む姿勢と、自分自身がワクワクするテーマを実現してお客様に届けようとする強い意志です。部署内にも良い影響を与えており、エンジニアとしての活躍に期待しています。ソニーならではの夢のあるカメラの開発を一緒に頑張りましょう!

10の質問

就職活動について

01.学生時代に頑張っていたことは何ですか? 私はジャズダンスサークルに所属し、学園祭ステージ、サークル自主公演等の舞台作りに励んでいました。お客様に「感動をありがとう!」と言ってもらえた時の嬉しさは格別でした。メンバーが一丸となってダンスという表現に魂を込め、お客様に感動を届けるという姿勢は、ものづくりを通じて世界中のお客様に喜びを提供する設計開発と似ている気がします。私の情熱はダンスでも仕事でも健在です!

  • 大学4年生、卒業公演での1枚
02.ソニーに入社を決めた理由は何ですか? 技術のソニーと言われるように、高い技術力を駆使して、まだこの世に無いものを創り上げていくチャレンジ精神に魅力を感じました。また、社風が良いところも非常に大きな理由です。「自由闊達」という言葉に代表されるように、明るくオープンな雰囲気や、個性が強い人材が揃っていながら、反発するのではなく、切磋琢磨している環境に惹かれ、入社を決めました。

03.ソニーの選考で印象に残っていることはありますか? まず、選考の全てが個人面接であった点です。他企業の選考では、大人数のグループ面接から始まることが多いですが、ソニーでは1人の学生にたっぷりと時間を割き、しっかり向き合おうとする熱意が感じ取られ、非常に好印象でした。また、面接の最中に私の適正に合ったオススメの部署や働き方のアドバイスなどもいただき、まるでOB訪問のようなアットホームさがあったことも印象的です。

ソニーについて

04.将来の夢を教えてください ソニーでこそ実現できる夢、それは人の心に響く商品を生み出すことです。世界中の人に、私が設計した商品を触ってもらえる、使ってもらえる、そして笑顔になってもらえる…その瞬間を想像するだけでニヤけてきます。「機能もデザインも素晴らしい!これが欲しかったんだよ!」と思ってもらえるような、人の感性に響く設計、ものづくりができるようになることが私の目標であり、夢でもあります。
05.女性が働きやすい会社だと思いますか? 産休や育休など多くの先輩女性社員が取得していますし、女性にとって働きやすい環境が整っていると思います。入社前は、出産などで仕事のブランクが空いた後、会社にスムーズに復帰できるんだろうか?と不安に思っていましたが、ソニーでなら、その時々のライフスタイルに合わせた働き方を選択できるという点で、安心して働き続けられると今では感じています。
06.入社してから1番印象に残っていることは何ですか? 先述したデジタルイメージング本部内での社内イベントにて、新人賞を受賞した経験です。自分が作り上げたモノが評価される感激もひとしおですが、イベントに向けた準備期間が非常に強く印象に残っています。課長の久松さんには「永瀬さんを急成長させるべく頑張るからね!」と激励され、チューターの中川さんからは、「まずは自分でやりたいことを突き進め、難しいことがあれば周りの先輩もフォローするから!」と応援してもらい…。自分がいかに多くの人に支えられているかを実感する機会となりました。

プライベートについて

07.仕事とプライベートの両立は出来ていますか? 平日と休日のメリハリがしっかりしている分、もしかしたら学生時代よりプライベートが充実しているかもしれません。土日は大好きなダンスをしたり、ネコカフェに行って癒されたり、友人とおいしいお酒のお店を巡ったり、旅行に行ったり…。周りの先輩社員を見ていても、仕事・プライベートともに、貪欲に楽しみ尽くそうとしている人がとても多いです!

  • 夏に同期とBBQ♪

  • ソニーミラーレス一眼 α6000(初ボーナスで購入!!)で撮影したお気に入りの一枚
08.同期のつながりはどうですか? 入社前に期待していたのを遥かに超えたレベルで仲が良いです!プライベートでは登山をしたり、BBQに行ったり。職場でのお昼ご飯も、いつも一緒に機構設計部の同期と食べています。業務内外問わず、楽しいことも辛いことも共有し合える同期が、私は大好きです。また、研修や製造実習など、他部署の同期と共に学ぶ機会も多いです。同期1人1人が全く異なった業務・課題に取り組んでいるので、その話を聞くのは非常に刺激的です。

09.これからチャレンジしてみたいことはありますか? 新たな趣味の開拓です。「趣味はカメラ!」と胸を張って言えるくらい、カメラに詳しくなることが当面の目標です。写真を撮ることは学生時代から好きだったのですが、なかなか良いカメラを買う余裕が無く、入社したら絶対に…!と思っていました。そして、とうとう念願叶って、初ボーナスでミラーレス一眼を購入!ソニー同期にはカメラ好きが多くいるので、一緒に遊びに行きつつ、素敵な写真の撮り方を学んでいきたいと思っています。

最後に

10.就職活動中の学生さんへ一言 就活ではまっさらな気持ちで、まずは色々な業界・職種に興味を向けるのがオススメです。「自分の現在の専門分野を活かせるところは…」と絞り過ぎることは、自分の可能性を狭めることにつながると思うからです。多くの情報・企業・人に触れないと、見えて来ないそれぞれの良さ悪さが、絶対にあります。「あ、これなんか面白そう」を根掘り葉掘り追求していくのが就活だと思います。自分の素直な直感を頼りに、収集した知識・情報を武器に、就活を乗り切ってください。応援しています!

※ 所属は取材当時のものです。
このページの先頭へ