新卒採用

コンテンツメニュー
2014 Vol.7 世界中から集まる膨大な情報を分析し、会社の経営判断に貢献中。 関根 琴美 工学部/経営システム工学科 ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社 経営企画部門 経営管理部

私の仕事

入社から取り組んできたこと

ソニーでは管理系人材の育成に力を入れており、その一環として半年間の経理実習を行いました。私は、ソニー・コンピュータエンタテインメントなど二つの部署へ行き、ゲームソフトの原価計算などを担当しました。管理として働く上で必須となる経営数値の基礎の習得や、グループ会社や異なる職種の方々との人脈形成など、非常に有意義な実習でした。
現在は経理研修を終え、経営管理としてソニーモバイルコミュニケーションズで業務に取り組んでいます。所属する部署では、世界中の部署から集まった経営数値を分析し、経営陣やソニー本社へ報告しています。分析にあたり、会社全体について細かく把握することが求められます。海外とのやりとりが多く、会議やメール、資料など、英語を使用する機会も多くあります。

とある一日

7:30:起床 9:00:出社(フレックス制度なので10:30までに出社すればOKです) 9:30:メールチェック、チューターさんと一日の予定を確認 10:00:部門会議。経営数値の説明資料を確認します 11:00:会議に向けた資料作成 12:20:社員食堂にて昼食 13:30:チューターさんと資料レイアウトの確認 14:00:週に一度の課ミーティング 15:00:事業の実績/見込みデータの分析 18:00:社員食堂で夜ごはん 20:00:退社 21:00:家でごろごろ 24:00:就寝

チューターからみた関根 琴美

柳澤 知枝

私達の部署では、膨大な経営数値情報を整理・分析して、経営判断のサポートをしなければなりません。関根さんは配属されてわずかではありますが、効率良く情報整理をしてくれて助かっていますし、好奇心旺盛で、これから益々活躍してくれる事を期待しています。

上司からみた関根 琴美

清水 照文

経営管理の業務とは定石はありますが、最終的にどういうアウトプットを出せるかはその人ごとの力量に寄るところが大きいものです。周囲から必要なものを充分に吸収する柔軟性と個のスキルを高めて行く努力とを上手くバランスさせた上で自分のスタイルを確立し組織に貢献される事を期待します。

10の質問

就職活動について

01. 会社を選ぶ上でこだわっていたことは何ですか? グローバルであること、そして専門分野を活かすことが出来ることです。ソニーでは、グローバルであることはもちろん、事務系でも職種別採用を行っているため、確実に専門分野に近い業務が行えます。入社後は、人材や仕事の幅の多様さに驚いたとともに、キャリアの中で様々なことに挑戦できることが非常に重要だと感じるようになりました。

02. ソニーに興味を持ったきっかけは何ですか? ソニーに勤める大学の先輩からお話を伺ったことです。就職活動にあたり、様々な企業の方からお話を伺いましたが、ソニーの先輩方が最も活き活きと仕事について語ってくださいました。初めはメーカーを視野に入れていませんでしたが、このことがきっかけでソニーに興味を持つようになりました。

03. 学生時代に勉強してきたことを、今の仕事に活かせていますか? 経営管理の仕事では、事業の業績を分析し、現場で起こっていることを正確に読み取れるかどうかがポイントのひとつとなります。学生時代は経営システム工学科で統計学やデータ解析についても学んでいたため、それらは仕事でも非常に活きています。また、英語やExcelなどのスキルも活かせています!

ソニーについて

04. 職場の雰囲気はどうですか? 入社してから1年も経っていませんが、「自由闊達」という風土を日々実感しています。単に事業の実績や見込みを算出するだけでなく、分析・対策の検討まで常に意見を求められます。若手であろうともしっかりと意見を聞いてもらえますし、筋が通った意見であれば採用してもらえます。

  • 休日に同期と海釣りへ。
    魚は皆で料理して食べました。
05. ソニーに入って良かったと思う瞬間はどんな時ですか? 人やビジネスの多様性を実感した瞬間です。一つの会社でエレクトロニクス・映画・音楽・金融など本当に多くのビジネスを行っているため、数多くの分野でトップクラスの“尖った”先輩・同期がたくさんいます。また、管理として重視しなければならないポイントも、ビジネスによって大きく異なるため、様々な経験ができる環境が整っていると思います。

06. 入社してからの1番の失敗は何ですか? 自分の強みをとっさに答えられなかったことです。入社から半年以上経ち、会社の雰囲気にも慣れ始めたころ、お酒の席でトップマネジメントの方にいきなり「君の強みはなに?」と聞かれた際に、言葉に詰まってしまいました。就職活動の際は強く意識していたのですが、その後、振り返る機会があまりなかったので、「なんのためにソニーに入社したのか、自分はそこで何ができるのか」、改めて自分と向き合うきっかけになりました。

プライベートについて

07. 今興味を持っていることは何ですか? 旅行です!社会人になり、休日の嬉しさが分かるようになりました。貴重な休日を充実させるため、国内の名所を色々と訪れています。また、1年目でも有給休暇を取得しやすい雰囲気があるので、他部署の仲が良い同期と予定を合わせて9連休を取り、海外旅行にも行くことになっています!

  • 同期といった屋久島旅行。5日間かけて、屋久島を堪能しました。

  • スペイン人の同期による、パエリア講座!
    スペインワインも持ち寄って、美味しく頂きました。
08. 学生時代との1番の違いは何ですか? 「時間」の使い方です。仕事ではすべきことが常に複数あるため、時間の管理が非常に重要になります。私は、各業務の予想所要時間と重要度の二つの軸を取り、優先順位を明確にしてから業務に取り組んでいます。プライベートの時間も学生時代よりも少なくなるので、時間の使い方をしっかりと考えるようにしています。

09. 同期のつながりはどうですか? 仕事・プライベート共に遠慮なく議論をすることが出来る大切な存在です。経営管理の同期とは、配属された部署が違うため、各部署の特色が経営管理の業務にどのように影響しているのかを話し合うことが出来ます。また、他部署の同期とも、異なる考え方を本音で語り合い、経営管理にいては気付かない視点を教えてもらえます。休日には仕事を忘れ、毎週のように出かけています!

最後に

10.就職活動中の学生さんへ一言 本当に大変な時期だと思いますが、自分がこれまで経験してきたこと、これから挑戦したいことを深く考える貴重な機会だと思います。納得できる就職活動となるよう頑張ってください!

※ 所属は取材当時のものです。
このページの先頭へ