新卒採用

コンテンツメニュー
2014 Vol.2 美容業界向け製品「BeautyExplorer™」の立ち上げに向け、ビジネスチャンスを開拓中。 菅井 千尋 メディアデザイン研究科 UX・商品戦略・セールス&マーケティング本部 UX企画運営部門 マルチスクリーンUXサービス部

私の仕事

入社から取り組んできたこと

入社後すぐに、新規事業である美容ビジネスに関する仕事の機会をいただきました。
社員食堂での社内実験からはじまり、市場調査のためのフィールドワーク、ハードウェア・ソフトウェアの企画・設計に関する企画、工場での詳細打ち合わせなど業務は多岐に渡ります。その後は、プロジェクト構想会議、イベント運営、企画などの業務に取り組みました。社内・社外のプロフェッショナルや、消費者の皆さまと一丸となって試行錯誤する様は、さながらベンチャー企業に就職した気分です!
バラエティに富んだ仕事と多くのチャンスに感謝し、ソニーのスケールの大きさに圧倒されながらも、先輩やチューターの方、他部署の方々に支えられ、楽しく元気に業務に取り組んでいます。

とある一日

7:00:起床 8:00:山の手線に揺られて出勤 9:00:品川オフィス出社。本日のスケジュール&メールチェック 9:30:チューター・上長に業務進捗報告 10:00:製品技術打ち合わせ 11:30:社員食堂にてちょっと早めの昼食 12:30:ソフトウェア開発打ち合わせ 14:00:表参道オフィスに移動 15:00:外部パートナーとのプロジェクト拠点に移動 16:00:明日のミーティングに向けての企画資料作成 18:00:イベント準備 19:00:イベント開始 21:00:イベント終了 21:30:帰宅 22:00:ニュース、深夜番組などチェック 24:00:就寝

チューターからみた菅井 千尋

橋本 洋平

社外パートナーと連携しながら難易度の高い職務に入社1年目から取り組んでもらっています。ソニーとしても新しい試みに対して、菅井さん持前の柔軟性、顧客観察力、アンバサダーをまとめていくコミュニケーション力などを活かしてプロジェクトを前に進めてもらっており、日を追うごとに成長している姿は頼もしく感じます。今後、専門性を磨くとともに、常に新しいアプローチにチャレンジできるビジネスリーダーとして成長して欲しいと願っています。

上司からみた菅井 千尋

石井 眞

従来型の手法やプロセスとは全く別の新しい企画を回してくれました。ネットワーク時代のリーンスタートアップ型による、また、エコシステム醸成型の、更にはオープンイノベーション型の企画をプロフェッショナルに実施した“すごいやつ”です。

10の質問

就職活動について


  • ロンドン留学にて
01.学生時代に頑張っていたことは何ですか? 大学では、医学と工学の両分野を学ぶ「生体医工学」を活かせる場所を探し、積極的に教授の部屋を訪問したり業界の展示会を覗いていました。また、国内外問わず、多くの人と交流を図っていました。
大学院では、異分野のバックグラウンドを持つ仲間とコミュニケーションをとることに務め、プライベートでは、興味のあるクルマのイベントなどに参加、試乗のチャンスを見つけては、さまざまなメーカーのクルマと接していました。

  • ニューヨーク留学にて友人と
02.自分のどんなところがソニーに向いていたと思いますか? 「人間の”楽しい”、”カッコいい(かわいい)”、”気持ちいい”という感情を追及したい」、「こだわり抜いて努力したい」、「世界で活躍する人間になりたい」という3つの欲求が、ソニーの哲学にマッチしていたと思います。

03.ソニーの選考で印象に残っていることはありますか? ソニーのエントリーシートは、自分を最大限に表現できる工夫がしてあり、大変書きやすかったのを覚えています。
また、インターンシップでは、ソニーモバイルコミュニケーションズでのスマートフォン開発の現場を体験しました。オシャレなオフィス、カッコいい社員の皆さん、洗練された技術とデザインなど、私の想像を超える感動がありました。

ソニーについて

04.将来の夢を教えてください 世界の人が喜ぶようなイノベーティブな製品やサービスを生み出したいです。
新しいライフスタイルを創造し、新たなソニー旋風を巻き起こすチームの一員でありたいと思います。
05.記念すべき初仕事は? 社員食堂にて、開発中の試作品を試用してもらう社内実験を担当しました。お昼時に社員食堂に張り込み、片っ端からソニー社員に体験をしてもらいました。その数なんと、300人!
たくさんの方と知り合うことが出来ました!
06. 入社してから1番印象に残っていることは何ですか? 入社3カ月目に、就活生向けインターンシップのチューターの仕事をいただいたことです。
新人では異例のチューター業務ですが、私が就活生としてソニーインターンを受けた時のことを思い出しながら、ソニーの魅力的でカッコいいところをぎゅっと凝縮したプログラムを作成しました。
インターン生もとても喜んでくれた様子で、「もっとソニーを好きになった」と満足度の高いインターンとして評価してくれたことが最高に嬉しかったです。

プライベートについて

07.今興味を持っていることは何ですか? 春に沖縄でダイビングのライセンスを取得したので、これから時間を見つけて色々な海に潜りに行こうと計画中です。目標はクジラと泳ぐこと!また、世界の様々な土地を旅行し、多くの人と知り合い、見聞を広げたいと思っています。


  • 同期とマザー牧場!
08.仕事とプライベートの両立は出来ていますか? 公私共にとても充実しています!毎週水曜日は仕事を早めに切り上げて、同期で集まってホームパーティー!
手作りトルティーヤを片手に、これからソニーをどんな会社にしていきたいか、みんなで夢の作戦会議をしています。

09.普段はどんな格好をしていますか? 仕事ではオフィスカジュアルを心掛けています。
社員の皆さんは堅苦しくなく、自然な格好でお仕事をされている印象があります。エンジニアはよりラフな格好をしている人も多く、個性的な格好の人を社員食堂で見かけることもソニーならではです。

最後に

10.就職活動中の学生さんへ一言 ソニーは自分の可能性を広げてくれる会社です。
情熱や意欲を持つ人には必ずチャンスが与えられるので、あとは自分でつかみ取るだけ。”自由闊達”、”愉快なる理想工場”という設立趣意書の言葉にもありますが、どこまでも自分を挑戦させてくれるフィールドがあります。そして、何よりも明るく気持ちよく仕事ができる雰囲気がある。それが、ソニーならではの社風なのだと思っています。
皆さんが、皆さんらしく生きる会社を探すための就職活動となるよう、心から応援しています!

※ 所属は取材当時のものです。
このページの先頭へ