新卒採用

コンテンツメニュー
2014 Vol.5 情報セキュリティの知識と情熱を武器に、クラウドサービスを開発中。 高橋 恒樹 環境情報学部/環境情報学科 UX・商品戦略本部 クラウド&サービスアプリ開発運用部門 クラウド開発運用部

私の仕事

入社から取り組んできたこと

学生時代は情報セキュリティ・ネットワークに興味を持っており、ラケット装着型の商品『Smart Tennis Sensor』やリモコン付きテレビ番組表アプリ『TV SideView』等に向けたクラウドサービスを開発する部署に配属されました。
現在は、部内での開発に必要なツールの構築・提供のほか、セキュリティ体制構築も担当しています。7月から8月にかけてはインドへ渡航し、現地のチームとともに業務を進めました。
また、『世界算数 (Global Math Challenge)』 (ソニーCSLが開催するグローバルな算数大会) というクラウドサービスのチームでは、セキュリティチェックやインフラの設計を担当。開発チームと意見交換をしながら取り組んでいます。

とある一日

7:30:起床 9:15:会社到着、メールチェック・1日の業務や予定の確認 10:00:部の定例ミーティングに出席 11:00:チューターと先週の業務の振り返り・今週の業務の相談(業務内容に限らず会社生活全般についてざっくばらんに話しています) 12:00:課の定例ミーティングに出席 12:30:同じフロアの同期と社食で昼食 13:15:デスクで業務(新たなツールやシステムを構築したり、それを説明する資料を作ったりしています) 18:30:退社 19:30:帰宅 22:00:就寝(平日は自宅でゆっくり音楽鑑賞することが多いです)

チューターからみた高橋 恒樹
チューター

大石 壮一郎

何事にも前向き・積極的に業務に取り組み、周りからの期待と信頼を勝ち得ています。既にセキュリティ分野で重要な戦力となっており、近い将来、私自身を超える人財になってくれるだろうと楽しみにしています。

上司からみた高橋 恒樹
上司

川田 雅人

情報セキュリティという貴重な専門性を活かし、1年目から部内外の活動に携わりながらも、同時にクラウド開発にも積極的に取り組み、既に貴重な戦力です。アツくも淡々とこなしてしまうところが「らしい」です。

10の質問

就職活動について

01. 会社を選ぶ上でこだわっていたことは何ですか? 会社を選ぶにあたり、学生時代の専攻だった情報セキュリティを専門とするか、幅広い領域にチャレンジするか迷っていました。これからの長い社会人生活を考え、専門分野に限定せず、他領域の知識や経験も身につけたいと決断しました。そこで、情報セキュリティの知識を活かしつつ、様々な業務やチャンスがある会社を希望してソニーを選びました。
02. 自分のどんなところがソニーに向いていたと思いますか? 積極的にチャレンジする姿勢です。ソニーは自分のやりたいことや興味を尊重してくれる会社です。入社してすぐにチューターから「どのような業務をしたい?」「どのような分野に興味がある?」と聞かれ、より実感しました。なるべく個々人の興味分野に合わせた業務が出来るようにしてくださっているので、自ら判断していきたい人は向いていると思います。

03. 学生時代に勉強してきたことを、今の仕事に活かせていますか? 業務でセキュリティに関して取り組んだり提案する機会は多く、学生時代と全く同じではありませんが、情報セキュリティ分野について学んだ経験を活かしています。勉強してきたことだけではなく、学生時代にアルバイトで身につけた個人情報に関する知識も活用出来ており、やりがいを感じています。

ソニーについて


  • インドのチームメンバーと休日に山登りに行きました

  • インド出張時現地の社員食堂でランチ
04. 新人研修はどうでしたか? 全社共通の研修では、同期とチームを組んでディベートに取り組むプログラムがあり、同期同士で熱く議論をしたことが印象的でした。また、部署では一ヶ月半に渡る、インドのチームメンバーと業務を行う研修がありました。慣れない生活と英語での業務は大変でしたが、貴重な経験となりました。

05. ソニーに入って良かったと思う瞬間はどんな時ですか? 自分がやってみたいと周囲に伝えていたことへのチャンスをいただける時です。これまでには、海外での業務や、セキュリティ体制の構築のほか、他部署の業務にも参加することが出来ました。チャンスをいただいた時はわくわくしますし、業務へのモチベーションにもなります。

06. 入社してからの1番の失敗は何ですか? インドへ出張した際に、渡航後1週間くらいで体調を崩してしまったことです。業務だけでなく食べ物や環境にも慣れず、風邪を引いてしまったのですが、日本のメンバーにもインドのメンバーにも心配をかけました。体調管理も社会人として大事だと痛感した出来事でした。

07. これからチャレンジしてみたいことはありますか? これまでは、環境構築やテスト業務を行ってきたので、実際のサービスの運用や構築にもチャレンジしたいです。入社してからは、思っていた以上に海外の拠点やチームと業務にあたることが多く、もっと積極的に海外での業務経験を積みたいですし、海外の部署が持っているセキュリティやクラウドの技術を学びたいです。

プライベートについて


  • 学生のころから変わらず休日は趣味の写真を続けています
08. 社会人になって1番変わったことは何ですか? 仕事をしている時間が1日の大半になるので、思っていたよりあっという間に1日が終わってしまうことです。業務はもちろん、プライベートの遊びや勉強も含めて、スケジュールの管理を気にするようになりました。週末は時間が取れますが、それもある程度計画を立てて楽しんでいます。

09. 初ボーナスは何に使いましたか? 初ボーナスでウォークマン® ZX1を購入しました。通勤中はいつも音楽を聴いて、テンションを上げています。ハイレゾ音源対応のため音が本当に良く、帰宅時にはじっくり聴き入ってしまうこともあります。行き帰りが楽しみになるような製品だなぁと感じています。

最後に

10.就職活動中の学生さんへ一言 就職活動をする上で、インターンシップや説明会、採用ページなどで情報を集めると思います。集めた情報そのものも大事ですが、自分のタイプに合っていると感じたり、価値観が近いと思ったら、ぜひその思いを大切にしてエントリーしてみてほしいと思います。

※ 所属は取材当時のものです。
このページの先頭へ