女性リーダーのリアル 大内 眞紀

メカニカルエンジニアとして、設計チーム4名のリーダーを務める大内さんの仕事内容についてインタビューを実施。
エンジニアとしての仕事の先にあったマネージメントという役割が、彼女の好奇心にもたらした変化について迫る。

大内 眞紀
  • 入社年:2007年
  • 出身学部(研究科・専攻):工学系研究科 機械工学専攻
  • 所属部署:スマートプロダクト部門スマートプロダクト開発

エンジニアとしての好奇心は、キャリアとともに
仕事をマネージする楽しさへと進化していく。

仲間の個性や特長を理解し、適正に組み合わせ成功に導く。それが私のスタイル。

写真:Xperia Ear

私の職種はメカニカルエンジニアと言って、ソニー製品で言えば電気の通る部分以外のすべての形や色などを設計する仕事です。現在手がけているのは、耳元に装着すればハンズフリーでスマートフォンを利用できるという「Xperia Ear 」に関連する新商品です。設計チーム4名のリーダーとして企画から携わり、現在は量産段階を目指して奮闘中です。初めてリーダーの立場となり、これまでの担当者の立場と違うのは、スムーズにプロジェクトが進むよう常に全体像を見て、要点を押さえる視点が必要なことでした。

例えば新商品プロジェクトは、開発途中に色々な問題にぶつかって、当初の目的やコンセプトが見えにくくなることがよくあります。そんな時、リーダーの役割として、みんなに問いかけながら、何をするべきか、正しい方向がどちらなのか、それらを示す必要があります。うまく導くことができれば、全体の大きな流れが軌道に乗ることを感じられるのが面白いところですね。私はチームをグイグイ引っ張るようなタイプではないのですが、チームの一人ひとりが持つ個性や特長をうまく組み合わせることで、ひとつのプロジェクトを成功に導ければ、という思いで日々取り組んでいます。

つくる楽しさを分かち合いながら、世の中を楽しくするものづくりを。

大学では機械工学を専攻し、クルマをつくってレースに参加するサークルに所属していました。そこで、“みんなで何かをつくりあげる楽しさ”を経験し、その楽しさに魅入られました。「こんなことしたい!」という想いから始まるものづくりは、その過程にたいてい困難なことが待っていて、でもそれをみんなの力でなんとか解決して完成を目指す。それは本当に楽しいんですよね。そんな経験があったから、入社前は漠然と女性の働き方に不安がありましたが、実際に働いてみるとそんなに肩肘張らなくて良かったと思えます。産休や育休も経て今に至り、現在も18時には会社を出て子どもを迎えに行くスタイルで仕事をしています。

入社以来、女性だからとか、性別を意識して仕事をしたことはありませんし、初めてチームリーダーになったこと、そして母親になったことが、自分の成長につながっていることを、今感じています。以前は時間がたくさんあり、設計について考えたければいくらでも考えることができました。でも、今は子どものために勤務時間など自分の生活をアレンジする必要があります。またリーダーという立場は、チームのみんなに気を配らなければならないことも出てきます。でも逆にリーダーという立場でみんなに頼れるおかげで、育児と両立できるという側面もあったりします。

「どんな人間も万能じゃない」というのが私の信条なのですが、だからこそこの場面ではこの人の発想力を活かそう、この場面ではこの人の解決力を活かそう、などお互いを尊重する気持ちや、適材適所の考え方も生まれるのだと思います。「設計が好き」という共通の想いを持ったチームメンバーと一緒に人の好奇心を刺激するような商品をつくっていきたい。それが私の理想ですね。

このページの先頭へ