SONY

メニュー
サイト内検索ボタン

サイト内検索エリアを開く

福間 俊彦

福間 俊彦
仕事内容
テレビ/ディスプレイ設計
研究科・専攻
電子電気工学科

2017年入社

ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ株式会社
TV事業本部 開発設計部門 商品開発部 NVP開発課

従来とはまったく違う光学要素を用いた
世の中にない次世代ディスプレイ開発に挑む。

現在の仕事内容

TV事業の開発設計部門で、次世代大型ディスプレイの光学担当エンジニアとして開発・設計に携わっています。従来のディスプレイとはまったく異なる光学要素で開発・設計するディスプレイで、世の中に存在しなかった、新しい製品をめざしています。
詳細は、現在開発の真っ只中にあるためお話出来ないのですが (笑) 、このプロジェクトに参加した当初、私はそこに用いる光学の要件に非常に驚きました。原理的には従来から存在する技術ではあるものの、応用されている例は聞いたことがなく、プロトタイプを見て初めて形になったものを見たほどでした。まさに自分が担当する光学技術がキーであり、そこにブレークスルーを見出して開発を行う必要がありました。参考にできる知見や文献も無いなか、現在は試作や議論を繰り返し、ステップを進めている最中です。
心強いと感じるのは、ソニーにはさまざまな技術分野の専門家と、発想豊かなエンジニアが揃っているところです。互いに自分には無い発想を求めて部門を飛び越え、意見やアドバイスをし合える開発風土があります。多彩な個性を持った乗組員が同じ船に乗って荒海に漕ぎだし、一つの目的地に向かっているようなワクワク感の中で、開発に没頭する日々を送っています。

仕事にかける情熱〜ソニーブランドを体現するモデルの技術を支える自負

次世代大型ディスプレイの開発にあたっては、それまで携わっていたTV事業の主力製品・ブラビア®シリーズの次期モデル設計での経験が活きています。TVの量産モデルの開発・製造は、マーケットの動向やニーズを踏まえて、マーケティング担当から次期モデルの機能、画質、価格などの要望が上がってくるところから始まります。私は画質を左右する光学部分の設計担当として、前年モデルをベースにどんな付加価値をつけるのか、スペックとコストのバランスを図りながら、試作や量産に伴う製造現場との調整にも参加し、1年という短いサイクルの中でアップグレードを行っていきました。
こうした量産に携わっていた時期は私にとって実りの多い時でした。スピーディーな時間軸の中で、ソニーブランドを体現するブラビアのトップモデルを任され、その光学系や回路構造などを部品単位で理解することができましたし、主力ブランドを支えているという自負も持っていました。また、企画や営業をはじめ、デザイナー、メカ・回路系、製造ラインの技術者たちと連携して設計業務を進めることで、さまざまなノウハウや人脈も築くことができました。こうした経験を経て、「次は量産とは違う新製品開発に関わりたい」という思いが生まれ、今の仕事である次世代ディスプレイの開発・設計に参加することになったのです。

この職種を志望される皆さまへ

将来ビジョンが明確なソニーだからこそ斬新な技術革新に挑める

私は中途採用でソニーに入社をしましたが、 入社の決め手となった忘れられない場面があります。採用面接時に、ソニー社員から、ディスプレイの領域の将来ビジョンと技術革新について、他社とは違う切り口と将来の可能性について、私は非常に共感したことを覚えています。
そして実際にその言葉通り、ソニーのディスプレイ技術は世界をリードし、さらにこれまで世の中になかった画期的な製品をリリースしようとしています。テレビなどのディスプレイは既に成熟した市場だという印象があるかもしれませんが、ディスプレイを含む表示デバイスは、音声やタッチでの操作や、画面の大型化、形状のバリエーションなど、今後の開発の可能性はまだまだ広がっています。将来ビジョンが明確なソニーだからこそ、この領域でも斬新な技術革新を成し遂げていけると私は感じています。
光学は奥が深いので、私自身、さらに深掘りしてこの技術領域を追求していきたいと考えています。技術革新をともなう開発には、メカ・電気・ソフト・システムといった他領域の知識も磨いていく必要がありますが、部門を越えて意見やアドバイスをし合えるソニーの技術風土ならそれも可能です。光学系やディスプレイはもちろんのこと、技術系の職種をめざす皆さんにとってもやりがいのある技術開発のフィールド・可能性が、ソニーには無限に広がっているのです。

光学

※ 所属は取材当時のものです。

このページの先頭へ