報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2004年3月18日

ノキア、フィリップス、ソニーがNFCフォーラムを設立
タッチ動作で電子機器間の接続を可能にするNFC技術の普及を促進

ノキア、ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(NYSE:PHG、AEX:PHI、以下フィリップス)、ソニーの3社は、このたびNFC(Near Field Communication)フォーラムを設立することを発表しました。NFC技術は、民生用電化製品、携帯機器、PC、およびスマートオブジェクト間、または決済向けに、タッチ動作での接続を実現します。これにより、ユーザーは、スマートオブジェクトに触れるだけで簡単にコンテンツやサービスにアクセスしたり、機器同士を近付けるだけで接続することができるようになります。新しく設立されるフォーラムは、NFC技術の実装と標準化を促進し、機器間とサービスとの相互運用性の確立を目指しています。

電子機器同士の通信やサービスを利用する際のより簡単な方法に関する要求に応え、NFCフォーラムは、ユーザーがコンテンツやサービスへの容易なアクセスを実現することを目標としています。そのため、ノキア、フィリップス、ソニーは、通信、民生用電子機器、半導体、コンピュータ、メディアおよびエンターテインメント、また、テレコム、決済サービス関連の業界各社へNFC技術を紹介するとともに、フォーラムへの参画を呼びかけていきます。

フィリップスセミコンダクターズの社長兼CEOであるスコット・マクレガーは次のように述べています。「フィリップスは、ユーザーが情報、エンターテインメント、各種サービスにより簡単にアクセスできるようにしたいと考えています。NFCは、まさにそれを実現いたします。電話番号から電子決済情報にいたるまで、情報を機器間で用意に交換することができるNFC技術は、接続機能のギャップを埋め、『コネクテッド・コンシューマ』が情報の交換を自由に行える環境を提供します。NFCフォーラムのような業界団体が技術を後押しすることで、NFCは近い将来、私たちに豊富な機能や新たな可能性をもたらすことになるでしょう。」

ノキアのCTO兼シニアバイスプレジデントであるペルティ・コルホネン氏は次のように述べています。「NFC技術が実現するタッチ動作は、ノキアが掲げる『Life goes Mobile』コンセプトを具現化したものです。タッチ動作は、携帯機器に接続し、情報収集、共有するために最適な方法であり、現在提供されているサービスの利用が簡単になるだけでなく、まったく新しい用途や価値を創造していくでしょう。ノキアは他のフォーラム参加企業と協力し、この画期的な機能を携帯機器の世界に提供していきます。」

ソニー専務である青木 昭明氏は次のように述べています。「ソニーは、NFCの技術をCE機器における新しいユーザー・インターフェースの一つと位置付け、今後様々なCE機器への搭載を推進してまいります。NFCがCE機器に搭載されることによって、ユーザー間での汎用データ交換やセキュアな決済、コンテンツダウンロードの機会が増え、更なる利便性向上と新たな楽しみ方の提供が実現できるものと期待しています。こうした目的に向け、機器間の互換性確保を主たる目的としたNFCフォーラムの活動は、非常に大きな役割を担うものであり、ソニーは積極的にこれに参画してまいります。」

Near Field Communication(NFC)について

NFCは、非接触型識別技術(RFID)と相互接続技術の組み合わせた近距離無線通信規格です。13.56 MHzの周波数を使用して、通常数センチの距離で機能します。NFC技術は、ISO 18092、ECMA 340、およびETSI TS 102 190で標準規格として承認されています。またNFCは広く普及しているISO 14443 Type A準拠の非接触型スマートカード形式であるフィリップスのMIFARE 、またソニーのFeliCaTM カードと互換性を持っています。

NFCフォーラムに関して、より詳しい情報は、http://www.nfc-forum.org英語)でご覧いただけます。

MIFARE( はロイヤル フィリップス エレクトロニクスの登録商標です。

FeliCaはソニーの登録商標です。

このページの先頭へ