ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2004年05月13日

ソニー福島株式会社とソニー栃木株式会社を統合し
新たに『ソニーエナジー・デバイス株式会社』を設立

— 需要が拡大しているリチウムイオンバッテリービジネスを強化 —

ソニー株式会社
ソニー福島株式会社
ソニー栃木株式会社

 ソニーは、リチウムイオンバッテリービジネスの強化を目的に、リチウムイオン二次電池の基幹事業所であるソニー福島株式会社と、液系リチウムイオン二次電池の量産拠点であるソニー栃木株式会社を統合し、2004年7月1日付で新たに「ソニーエナジー・デバイス株式会社」を設立します。

 ソニー福島株式会社は、2000年8月に旧株式会社ソニー・エナジー・テックと旧ソニー本宮株式会社を統合し、ソニーグループのバッテリービジネスの基幹製造事業所として設立され、主にリチウムイオン・ポリマー二次電池を含む最先端のバッテリーの技術開発・製造を行っています。ソニー栃木株式会社は、1977年10月の設立以来、磁気テープ・光ディスクの製造を行っており、近年では需要の拡大に伴ない液系リチウムイオン二次電池の量産製造も行っています。

 新会社の「ソニーエナジー・デバイス株式会社」では、ソニー福島の持つ技術力(開発、設計力)とソニー栃木の持つ量産技術を組み合わせることで、リチウムイオン二次電池の製造事業所としての効率的運営を目指すとともに、同事業におけるソニーグループの基幹製造事業所として、事業競争力の強化を図ります。
 リチウムイオン二次電池は、小型・軽量・高寿命という特性から、携帯電話やノートPC、PDA、デジタルビデオカメラ、デジタルスチルカメラなどのモバイル機器に幅広く利用されており、今後益々需要の拡大が見込まれています。今回の新会社設立により、バッテリーの開発から製造までの一貫体制を整えることにより、2004年度の売上高約1,500億円(計画)に対して、2006年度の売上高については約1,700億円を目指します。

●ソニーエナジー・デバイス株式会社概要 (予定)

  〔設立日〕 2004年7月1日
  〔所在地〕 本社所在地:福島県郡山市日和田町
  〔主要役員〕 代表取締役社長:中川 裕
  〔資本金〕 22億円
  〔売上高〕 約1,500億円(2004年度計画)
  〔業務内容〕 リチウムイオン二次電池、リチウムイオン・ポリマー二次電池、リチウムイオン二次電池パック、酸化銀電池、リチウムコイン電池、電源、チャージャー、TV・CRT電子銃、ドアホン用CRT、磁気テープ、光ディスク、FA機器の設計・製造など
  〔人員〕 約1900名(正規従業員)

<ご参考>
●ソニー福島株式会社 概要

  〔設立日〕 2000年8月(登記上は存続会社の旧株式会社ソニー・エナジー・テックの1975年2月です)
  〔所在地〕 本社所在地:福島県郡山市日和田町
郡山事業所:福島県郡山市日和田町
本宮事業所:福島県安達郡本宮町
  〔主要役員〕 代表取締役社長:中川 裕
  〔資本金〕 17.5億円
  〔売上高〕 約725億円(2003年度実績)
  〔業務内容〕 液系リチウムイオン二次電池、リチウムイオン・ポリマー二次電池、リチウムイオン二次電池パック、酸化銀電池、リチウムコイン電池、電源、チャージャー、TV・CRT電子銃、ドアホン用CRT、偏向ヨークの設計・製造など
  〔人員〕 約1300名(正規従業員)

●ソニー栃木株式会社 概要

  〔設立日〕 1977年10月
  〔所在地〕 栃木県河内郡
  〔主要役員〕 代表取締役社長:村上邦広
  〔資本金〕 4.5億円
  〔売上高〕 約660億円(2003年度実績)
  〔業務内容〕 磁気テープ、光ディスク、リチウムイオン二次電池(電極および組み立て)、FA機器の製造など
  〔人員〕 約600名(正規従業員)

このページの先頭へ