ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2004年07月12日

中高生のための映像作品づくり支援プログラム
「ソニー・ムービー・ワークス」スタート

 ソニー株式会社は、若者たちの豊かな創造性を大きく育むことを目的に、中学・高校生を対象にした映像制作支援プログラム『ソニー・ムービー・ワークス』を本年度より実施いたします。
 本プログラムは、毎年テーマを決めて中学・高校生から映像作品案を募集し、選考通過者に映像作品の制作を通じてものづくりの喜びや物事を表現する楽しさ、難しさを体感してもらうと共に、作品をつくりあげるまでの感動やさまざまな経験を共有してもらう場を提供しようという試みです。
 このプログラムの実施にあたり、ソニーは若い世代の斬新な企画力を具現化するためのツールとして、映像制作関連機材や技術を提供し、映像制作ワークショップの開催を通じて作品完成までの過程を支援いたします。21世紀のデジタル映像制作拠点として映像文化の醸成に取り組んでいる株式会社スキップシティにも、各方面でのご協力をいただく予定です。

 具体的には、7月12日より募集を開始し、書類選考、面接を通じて選考通過者を確定の上、選考通過者には10月から約3ヶ月間にわたってSKIP シティ(埼玉県川口市)で行われる映像制作のワークショップへの参加を通じて作品の完成をめざしていただきます。ワークショップや作品づくりの過程には、映像制作の経験の深いソニーグループ社員もサポートメンバーとして参加し、日ごろの業務で培ってきた知識やノウハウを参加者と分かち合いながら、オリジナル作品の完成に向けて全面的にバックアップしてまいります。
完成した作品については、2005年1月にSKIPシティにて上映会を開催、最優秀作品には賞状と副賞が贈られる予定です。また同時に修了式も行われ、参加者全員に修了証の授与と記念品の贈呈を行います。

 第一回目となる今回の「ソニー・ムービー・ワークス2004」のテーマは『人との絆』です。人と人とのコミュニケーションのあり方の急速な変化の中で、人と人とのつながりが希薄化しているとも言われる時代に、参加者にはあらためてこのテーマについて掘り下げて考えていただき、映像ならではの表現を通じて自らの問題意識を提起してほしいと願っています。

 募集の詳細は以下の通りです。

『ソニー・ムービー・ワークス 2004』応募要項(概要)

−中学生、高校生よりテーマに基づく映像作品案を募集します。
−応募の中から、テーマを深く掘り下げ、独自の視点を持った案を選出し、実際に作品制作に取り組んでいただきます。
−ソニーは、この映像制作に関わる機材や技術を提供し、映像制作手法を指南するワークショップを開催します。
−完成した作品は、上映会にて審査し、表彰します。

■応募資格:
昭和61年4月以降平成4年3月までに生まれた者、または、平成16年8月現在、中学校、高等学校および各種学校に在学中の生徒であること。またその生徒による作品であること。

■応募テーマ:『人との絆』
人とのつながり、家族のあり方、先生、級友、知人、周囲の人々、その他かかわりあう全ての人々との「絆」について、自分ならではの感性で表現してみて下さい。

■応募方法
−所定の応募用紙に必要事項を記載し、事務局に郵送して下さい。
−参加費は無料です。
 ※ただし、映像制作ワークショップに参加する際の交通費・昼食代などは各自でご負担いただきます。

■申し込み先
 〒150-8343 東京都渋谷区渋谷2−12−19 東建インターナショナル11階
 プラップジャパン内 「ソニー・ムービー・ワークス2004」事務局

■選考方法: 第一次選考:書類選考、第二次選考:面談
 ※二次選考通過者が、その後開催されるワークショップに参加できます。

■募集期間: 2004年7月12日〜9月15日まで(当日必着)

■第二次選考結果発表: 2004年9月末に弊社ホームページにて発表

■第二次選考結果の発表以降、同プログラムの経過詳細は、ホームページにて随時ご案内いたします。

■ソニーの社会貢献に関するサイト:www.sony.co.jp/csr

このページの先頭へ