ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2004年08月11日

ハイビジョン映像をもっとリアルに美しく
進化した高画質創造技術 "DRC-MFv2"を開発

 ソニー株式会社は、高画質でリアルな映像を創造する独自の映像信号処理技術"DRC(デジタル・リアリティ・クリエーション)"を、ハイビジョン対応へと進化させた"DRC-MFv2"(デジタル・リアリティ・クリエーション:マルチ・ファンクション ブイツー)を開発しました。この新技術により、ハイビジョンカメラで撮影された映像や放送局などから送られたハイビジョン信号を元に、更なる質感や解像感を表現する細やかな映像信号を創り出し、ハイビジョン映像をよりリアルに美しく再現します。

 "DRC"は、より高精細な信号を創造するというコンセプトに基づき、標準テレビ信号からハイビジョン信号のフォーマットに変換する技術として 1997年に開発されました。この技術は、信号の補間処理で画素間の情報を埋めることで単純に画素数を増やす「線形補間方式」とは異なり、標準テレビ信号とハイビジョン信号の相関特性を利用して、質感や解像感を表現する細やかな信号を高度な演算処理で創造するという新しい発想から生み出されたソニー独自の技術です。これまでの"DRC"では、標準テレビ信号から縦横共に2倍のハイビジョン信号に近い情報量を持つ「リアル4倍密信号」を創り出すことにより、標準テレビ画像をハイビジョン並の高精細でリアルな質感を持つ映像にしています。

 今回新たに開発した"DRC-MFv2"は、"DRC"のコンセプトをハイビジョン対応へと進化させて、ハイビジョン時代における更なる"リアリティの追求"を目指す画像信号処理技術です。標準テレビ信号や、様々な規格のハイビジョン信号をフルHDTV(横1920×縦1080画素)相当の画質まで引き上げるだけに留まらず、ハイビジョン信号入力時には、入力信号とそれを超える情報量を有する仮想信号との相関関係を演算処理で創り出すことで、被写体の持つ質感や解像感、艶感、遠近感をよりリアルに実現、より一層美しいハイビジョン映像を創造します。

(図1)
 この新技術は、ハイビジョン時代に向けたソニー独自の画像信号処理技術として、今後発売する当社の家庭用ハイビジョンテレビWEGA(ベガ)シリーズに順次搭載する予定です。

 また、"DRC-MFv2"技術では、その優れた画像再現能力を活かし、入力画像の見たい部分を高画質に切り出すクリエーション・ビュー(Creation View)機能を実現可能にしています。入力信号の1画素から最大36倍の画素数(標準テレビ信号からハイビジョン信号への変換時)に相当する出力信号を創り出すことで、拡大して見たい時にはすべての入力画素に対して面積比で最大9倍までの高画質なズーム機能が可能です。更に、ズームした仮想の大空間の中で、あたかもカメラを上下・左右に移動(チルト・パン機能)しているように、高精細な画像のまま希望の場所を切り出すことも出来ます。(図2)これにより、お客様のお好みの視点で映像をモニター上に再現することが可能です。

(図2)クリエーション・ビュー
 BSデジタルや地上デジタル放送、ブルーレイディスクなどのメディアの多様化に加えて、ハイビジョンテレビの一層の普及により、今後更に多くのハイビジョン映像が家庭で楽しめるようになります。"DRC-MFv2"は、テレビ内蔵型に加え、既存テレビと組み合わせる外付け型機器の開発や様々な場面での応用も検討する予定です。

(ご参考) DRC-MFv2 LSI

【これまでの関連技術について】

1)DRC(デジタル・リアリティ・クリエーション)技術:
1997年5月に開発、同年7月発売のWEGA(べガ)シリーズ(KW-32HDF9)より搭載。従来の画像倍密化技術である動き適応線形補間方式とは全く異なる考え方に基づき、標準テレビ信号から高精細テレビ信号へのデジタルマッピング処理で信号の創造を行なう技術。

2)DRC-MF(デジタル・リアリティ・クリエーション:マルチ・ファンクション)技術:
1998年8月に開発、同年10月発売のWEGA(べガ)"DRシリーズ"(KV-36DR9)より搭載。マルチ・ファンクションLSIという考え方に基づき、信号処理に応じてLSIの内部構成が変わるアーキテクチャにより、高精細な「DRC4倍密テレビ信号」と、動画像での動きの表現力に優れた高画質な「DRCプログレッシブテレビ信号」の切替えを実現。

3)DRC-MFv1(デジタル・リアリティ・クリエーション:マルチ・ファンクション ブイワン)技術:
2001年4月に開発、同年5月発売のWEGA(べガ)"DZシリーズ"(KV-36DZ950)より搭載。新たに開発したアーキテクチャにより内部構造を柔軟に変化させて、"DRC-MF"の映像をより高精細にする、ノイズを抑制して映像をすっきりするなど、お客様ご自身のお好みにより最適な映像を創造することが可能。

このページの先頭へ