ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2004年09月14日

<参考資料>
ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカを含むコンソーシアムが
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー買収の基本合意に到達

米ケーブルテレビ会社、コムキャストと配信・プログラミングでも合意

(ニューヨーク発、2004年9月13日)
 ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカとエクイティパートナーズ(プロビデンス・エクイティ・パートナーズ、テキサス・パシフィック・グループ、 DLJマーチャント・バンキング・パートナーズ)によるコンソーシアムは本日、映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)を1株当たり12ドルの現金で買収、MGMの抱える債務も引き継ぐことで合意致しました。

 併せて、コムキャスト・コーポレーション*(コムキャスト)とソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント(SPE)および MGM買収に関係するエクイティパートナーズ3社は、広範なプログラミングと配給で合意に達しました。これによりSPEとMGMのコンテンツがコムキャストのビデオ・オン・デマンド(VOD)プラットホームで配信可能となります。また、コンテンツを配信する新しいケーブルチャンネルの共同運営を検討してまいります。

 なお、コムキャストも今回の買収に投資する方向で検討中です。

*コムキャスト・コーポレーション
ブロードバンドケーブルネットワークおよびテレビ番組の制作および管理、運用を行う米国最大のケーブル会社。加入者数2,100万人を超える。

このページの先頭へ