ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2005年01月06日

松下電器産業株式会社、三菱電機株式会社、ソニー株式会社は
高速電力線通信(PLC)を基盤としたホームネットワークの普及を目指し
相互接続可能な仕様を確立するためのアライアンス設立で合意

松下電器産業株式会社
三菱電機株式会社
ソニー株式会社
(アルファベット順)
 松下電器産業株式会社(取締役社長:中村邦夫)、三菱電機株式会社(執行役社長:野間口 有)とソニー株式会社(代表執行役社長:安藤国威)、は、来るべきユビキタス時代のホームネットワークを支えると期待が高く、家庭に既設されている電灯線を通じての高精細な映像コンテンツの視聴やIP電話を可能にする高速電力線通信(PLC)の相互接続仕様の確立に向けたアライアンスを設立することで合意しました。
 アライアンス(仮称:CE-Powerline Communication Alliance=CEPCA)では、世界のコンシューマーエレクトロニクスメーカー、IT企業に呼びかけPLCを利用したホームネットワークの普及促進を目指します。

 近年、ホームネットワークを構築し、家庭内の様々な情報家電や宅内機器を相互接続し、これらの機器を宅内・宅外から自在に操作する、あるいはそれぞれの機器間で情報共有をするというニーズが高まってきています。PLCはホームネットワークとして豊富な接続ポイントを有し、かつプラグアンドプレイという特長を備えているだけでなく、PLCを利用することによって、あらゆる機器を誰もが簡単にネットワークに接続することが可能となります。またPLCは有線系のホームネットワークのため、認証・暗号機能により、安心・安全なホームネットワークを構築することができます。

 しかし、PLCを基盤としたホームネットワークを宅内に構築するためには、同ネットワークに接続する機器を供給するメーカー間における共通仕様の確立が求められていました。このような課題を解決するため、3社は共同で、PLC技術を基盤としたホームネットワークから宅外へのアクセスや、ホームネットワークの適用体系を明確にし、PLCに関する相互接続の仕組みとあるべき姿を検討してきました。そしてこの度、3社は異なるメーカー間でのPLCの共存を可能とする仕組みをコンシューマーエレクトロニクスメーカーやIT企業の標準仕様として普及促進していくことを目的とした推進組織を立ち上げていくこととしました。

 今後、設立されるアライアンスは非営利組織として日本国内だけでなく、欧米のコンシューマーエレクトロニクスメーカーやIT企業にも参加を呼びかけ、世界中の人々が安心してPLCを基盤としたホームネットワークを使える環境を整備して参ります。
  • ■宅内でのPLC利用イメージ
    画像:宅内でのPLC利用イメージ
このページの先頭へ