ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2005年02月24日

NAB 2005出展テーマ 『 HDハイウェイ 』

〜 現在の設備を活かした効率的なHD化を提案 〜

 ソニー株式会社は、来たる4月18日より米国ラスベガスで開催される国際放送機器展 NAB(National Associations of Broadcasters)2005において『 HDハイウェイ 』のテーマのもと、SD(スタンダード・デフィニション)からHD(ハイ・デフィニション)へと放送・制作環境をスムーズに移行する多様な製品・技術を一堂に展示します。放送機器のHD化を牽引してきたソニーは、収録から編集・送出・アーカイブ・検索・再利用の工程全体を通じて、現在使われている機器・設備を活かした効率的なHDシステムの構築を強力にサポートします。


 HDの最上位機種「HDCAM-SRシリーズ」、国内放送局の標準機となっている「HDCAM」シリーズから、ディスクならではの効率的な運用が可能な「XDCAM」システム、民生用DV規格との互換をもつ「HDV」機器まで、以下に出展予定の新しい機器・システムの一部をご紹介します。


【SRW-5500】 HD・SD同時出力、デジタルベータカムの再生互換機能を装備した、HDCAM・HDCAM-SRフォーマットの切り替えが可能なVTR。
 
【HDW-S280】 24P(プログレッシブ)方式にも対応する小型HDCAMレコーダー。

【MSW-970】 14ビット変換による高画質化、24P方式にも対応するMPEG-IMXカムコーダー。
【DVW-970】 同・デジタルベータカム・カムコーダー。

【XDCAM】 これまでのSDフォーマットに加えてHD化へのロードマップをデモ。

【HVR-Z1】 民生用DVと互換性のあるHDVフォーマット・カムコーダー。
【HVR-M10】 液晶モニターを内蔵した、同HDVフォーマットの小型VTR。

【DSR-400/450WS】 2/3インチCCD搭載のDVCAMカムコーダー。WSはワイド・24P対応。
【DSBK-2020/1820HD】 DVCAMマスターシリーズVTR用・SD/HD変換ボード。

【HDC-X310】 光ファイバーで最長1kmまで伝送可能、多目的用途の小型HDカメラ。

【その他】 HD・SD・PC入力マルチ対応のプロフェッショナル液晶モニター「LUMA」。
IPネットワークによるビデオ会議システム など。
 
 

※ ソニーの出展ブースは、SU6406 LVCC South Hall 2階(面積:約2,230m2)です。
※ 上記は参考展示を含むNAB2005出展機器の一部です。国内発売が未定のものも含まれます。
※ 米国発表の詳細は、次のURLをご参照願います。http://news.sel.sony.com/pressrelease/5598

このページの先頭へ