ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2005年02月22日

「Suica」を「おサイフケータイ」に搭載した「モバイルSuica」の導入により、信頼性の高い、斬新で魅力的なサービスの提供を3社で推進します。

東日本旅客鉄道株式会社
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
ソニー株式会社

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は、「モバイルSuica」サービスを、2006年1月に開始いたします。
サービス提供開始に先駆け、自動改札機の入出場やショッピングサービスに係るフィールドテストを、2005年3月より開始いたします。
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(NTTドコモ)の携帯電話端末及びネットワークとソニー株式会社(ソニー)のFeliCa技術を用いたおサイフケータイに、既に発行枚数1千万枚を超えるSuicaの機能を搭載することにより、多くのお客さまにSuicaをより便利にお使いいただけます。
JR東日本、NTTドコモ、ソニーの3社は「モバイルSuica」の導入と普及に向けた連携のもと、新しいビジネス、新しいライフスタイルを創造し、社会の強力なインフラ基盤へと発展させていくことで今後協力してまいります。
JR東日本は、「モバイルSuica」サービスを提供することで、Suicaの利便性を飛躍的に向上させ、IC乗車券及び電子マネーとしての確固たる地位を確立するとともにSuicaブランドのさらなる発展を図ります。また、鉄道事業、生活サービス事業にならぶ第三の柱として位置づけている「Suica事業」のコアビジネスとして「モバイルSuica」サービスを拡大してまいります。
NTTドコモの「おサイフケータイ」は、2005年2月12日に200万台を達成し、その後も着実に台数を伸ばしております。NTTドコモは、「モバイルSuica」サービスの導入に協力することにより、おサイフケータイが、より生活に密着した利便性の高い「生活インフラ」として発展するように努めてまいります。
ソニーの非接触ICカード技術方式FeliCaは、Suicaカードを含む交通カードをはじめとして全世界に7,000万枚超(2005年1月末現在)が出荷され、安全性と利便性の高い非接触型ICカード技術として広く普及しています。ソニーは、「モバイルSuica」サービスの導入に協力することにより、FeliCaと携帯電話を融合させた新たな利便性の浸透を図り、FeliCaがお客様により一層身近なものとなるように努めていきます。
なお、FeliCaと携帯電話の融合については、ソニー、NTTドコモ、JR東日本が出資するフェリカネットワークス(株)が、モバイルFeliCa ICチップを搭載するFeliCa対応携帯電話と各種サービスの普及促進により、新しいライフスタイルの創出を目指して事業を展開しています。
◎「モバイルSuica」サービスの概要等について
2006年1月には、以下のサービスの提供を予定しております。
現在のSuicaで提供している、イオ(電子マネー)、定期券、普通列車グリーン券の各サービスを提供してまいります。
いつでも・どこでも携帯電話のネットワークを利用してイオ(電子マネー)のチャージや定期券等の購入が可能になります。
携帯電話の画面にてイオ(電子マネー)の残高や使用履歴を確認することができます。
JR東日本のSuicaが利用できる首都圏・仙台圏・新潟圏(予定)エリアの鉄道でご利用になれます。
Suica電子マネーが利用可能な全店舗で、「モバイルSuica」でのお買い物ができるようになります。
それ以降に予定しているサービス展開イメージは以下の通りです。
2006年度後半には、「モバイルSuica」にチャージしたイオ(電子マネー)を利用して、ネットショッピングをお楽しみ頂けるように検討を進めています。
2007年度には、新幹線でのご利用(「モバイルSuica」で新幹線指定席券等を購入し、そのまま改札機を通過可能)を可能にします。
その他「モバイルSuica」を利用した斬新で魅力的なサービスを、引き続き検討してまいります。
サービス開始に向けたカウントダウンが始まったことから、おサイフケータイによる「モバイルSuica」の本格的なフィールドテストを2005年3月より開始します。


※1:「モバイルSuica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。 
※2:「iモード」「おサイフケータイ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。 
※3:「FeliCa」はソニー株式会社が開発した非接触式ICカードの技術方式で、ソニー株式会社の登録商標です。
※4: FeliCa技術の通信規格は国際標準規格ISO/IEC18092に準拠しています。

このページの先頭へ