ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2005年03月31日

モバイル機器向け低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイパネルの第2製造拠点として新会社『エスティ・モバイルディスプレイ株式会社』を設立

 ソニー株式会社(以下、ソニー)は、インターナショナル ディスプレイ テクノロジー株式会社(以下、IDTech)から液晶ディスプレイパネル製造に関する事業を分割買収し、モバイル機器向け低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイパネルの製造を行う新会社『エスティ・モバイルディスプレイ株式会社』(以下、STMD)を2005年3月31日に設立しました。

 低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイパネルは、ビデオカメラやデジタルスチルカメラ、携帯電話などの様々なモバイル機器で用いられており、その市場規模は今後もますます拡大すると予測されます。ソニーは、1997年10月にソニーと株式会社豊田自動織機(以下、豊田自動織機)との合弁で設立したエスティ・エルシーディ株式会社(以下、STLCD)に続く第2の低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイパネル製造拠点としてSTMDを位置づけ、STLCDとの技術融合をはかり顧客のさまざまなニーズに対応して参ります。

 今回の買収により、IDTechの液晶ディスプレイパネル製造の拠点である野洲事業所の優れた人的資産、知的財産や生産設備などをSTMDに継承しました。STMDでは、約270億円規模の設備投資・設備改造を行うことにより、月産25,000枚(550×650mm 基板ベース)の生産能力を構築、2006年4月の本格的な量産開始を予定しています。

 なお、新会社設立にあたっては、豊田自動織機の20%の資本参加も決定しました。
副社長兼COO、マイクロシステムズネットワークカンパニー NCプレジデント 中鉢良治のコメント
今回、IDTechの液晶ディスプレイパネル製造の拠点である野洲事業所を予定された期間内に買収および新会社設立手続きを完了できたことを大変喜ばしく思います。ソニーは、豊田自動織機の理解と協力を得て、STLCDにSTMDを加えることで、お客様に喜ばれる高品質のモバイル向け低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイパネルを提供して参ります。
●会社概要
会社名称 エスティ・モバイルディスプレイ株式会社(ST Mobile Display Corp.)
設立 2005年3月31日
資本金 1億円
出資比率 ソニー株式会社 80% 株式会社豊田自動織機 20%
役員
代表取締役社長 露木 忠晴  (つゆき ただはる)
取締役副社長 林 久雄 (はやし ひさお)
所在地 滋賀県野洲市市三宅800
敷地面積 20,021m2
主な生産品目 低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイの製造
建物床面積 オフィス棟(3階建て)3,269m2, 工場(2階建て)28,926m2
新規設備投資額 270億円規模(予定)
生産能力 25,000枚/月(550×650mm基板ベース)
量産開始 2006年4月(予定)


このページの先頭へ