ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2005年04月19日

最先端第7世代アモルファスTFT液晶パネルモジュールの出荷を開始

S-LCD株式会社

 S-LCD 株式会社(以下S-LCD)は、第7世代ガラス基板によるアモルファスTFT液晶パネルの生産を開始、本日より、親会社であるサムスン電子株式会社(以下、サムスン電子)とソニー株式会社(同、ソニー)に、液晶パネルモジュールとして出荷を開始しました。
  • S-LCD
 S-LCDは、サムスン電子とソニーの折半出資によって、2004年4月26日に設立されたアモルファスTFT液晶パネルの製造合併会社で、第7世代による2005年上半期内の量産稼動に向けて準備を進めてきました。
 この度、製造設備の敷設や試験稼働を含めた準備が完了し、サムスン電子およびソニーの要求仕様に基づいて、世界初となる第7世代TFT基板の量産を開始、駆動回路やバックライトなどの周辺デバイスを組み込んだ液晶パネルモジュールとして両社への出荷が開始されました。
【S-LCD株式会社 取締役社長 CEO 張元基(チャンウォンキ)のコメント】
「サムスン電子とソニーの協力により、第7世代という最先端の液晶パネル生産を世界に先駆けてS-LCDが実現したことを誇りに思います。急成長する液晶パネル市場において、性能や品質、コストなどで業界の新しいベンチマークとなれるよう更なる努力を続け、競争力のある優れた液晶パネルを供給することで両親会社のビジネスに貢献してまいります。」
【S-LCD株式会社の概要】
会社設立 2004年4月26日
資本金 2兆1000億 韓国ウォン(サムスン電子:50%+1株、ソニー:50%-1株
代表者 代表取締役社長CEO 張元基
代表取締役CFO 中沢啓二
所在地 韓国忠清南道牙山市湯井面
生産品目 アモルファスTFT液晶ディスプレイパネル
(主に大型テレビ向け)
主要施設
液晶パネル製造棟   — 4階建て   延べ床面積 320,661平方メートル
モジュール棟  — 4階建て   延べ床面積 152,066平方メートル
生産能力 6万枚/月 第7世代(ガラス基板サイズ:1,870mm×2,200mm)
(パネル取り数の例 : 26型18枚、32型12枚、40型8枚、46型6枚)
このページの先頭へ