ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2005年06月03日

高速電力線通信を基盤としたホームネットワークの普及を目指し
グローバルアライアンスが発足

− 有力CE機器メーカー8社が参画 −

CE Powerline Communication Alliance (CEPCA)
シーイー・パワーライン・コミュニケーション・アライアンス
 CEPCA (設立発起会社:ソニー株式会社(代表執行役社長:安藤 国威)、松下電器産業株式会社(代表取締役社長:中村 邦夫)、三菱電機株式会社(執行役社長:野間口 有))は、各社から複数の形式が提案されている宅内高速電力線通信(以下、CE PLC:Consumer Electronics Power Line Communication)の共存を目的としたアライアンスとして、米国に設立されました。CE PLCは、家庭に既に設置されている電力線を利用し、高速性を生かしたハイビジョン映像等、大容量データのリアルタイム通信等を実現するものです。

 CEPCAは、2005年1月6日に上記の3社で設立合意した標準化団体です。今回新たに「株式会社 東芝,株式会社 日立製作所,三洋電機株式会社,パイオニア株式会社,ヤマハ株式会社(50音順)」の参画が決定し、業界をリードする有力なCE機器メーカー計8社による協調体制が整いました。

 CEPCAは、設立総会を7月中旬に、米国において開催する予定で、その後、他の団体とも連携しながら、技術的課題等を明確化するとともに、最適な共存仕様を検討します。この共存仕様は、2005年秋を目途に具体化し、CEPCAの各メンバーに公開して、CE PLCの普及を加速します。

 CEPCAでは、今後も積極的に参画する企業・団体を広く募集し,グローバルでより快適・安心・安全・簡単なCE PLCによるホームネットワークを実現します。

 また、ホームページを近日中にオープンし、CEPCAの活動を積極的に紹介していきます。なおURLアドレスは、http://www.cepca.orgです。※現在はアクセスできません。
<参考>
■CE PLCについて
 近年、家庭内の様々な情報家電や宅内機器を相互接続するホームネットワークを構築し、これらの機器を宅内・宅外から自在に操作する等、それぞれの機器間で情報を共有するというニーズが高まってきています。宅内の電力線を用いる方式(CE PLC)は、電源コンセントという豊富な接続ポイントを有し、プラグアンドプレイという特長を備えています。このCE PLCを利用することにより、あらゆる機器を誰もが簡単にネットワークに接続することが可能となることから、次世代ホームネットワークとして期待されています。またCE PLCは有線系のホームネットワークであるため、高度な認証・暗号機能により、安心・安全なホームネットワークが構築できます。
 しかし、CE PLCを基盤としたホームネットワークを宅内に構築するためには、同ネットワークに接続する機器を供給するメーカー間における共通仕様の確立が求められています。

 CEPCAは、PLC技術を基盤としたホームネットワークから宅外へのアクセスや、ホームネットワークの適用体系を明確にし、異なるメーカー間でのPLCの共存を可能とする仕組みを作成し、コンシューマーエレクトロニクスメーカーやIT企業の標準仕様として普及促進していくことを目的としています。

  • PLC使用イメージ
    PLC使用イメージ
このページの先頭へ