ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2005年07月14日

業界最小※1手ぶれ検出用2軸※2ジャイロモジュールを商品化

〜 小型パッケージに2個のジャイロセンサと周辺回路を搭載 〜

 ソニー株式会社は、業界最小となる容積0.06cm3の手ぶれ検出用2軸※2ジャイロモジュールを開発、8月初旬よりサンプル出荷を開始します。

  • GSU-350
写真:手ぶれ検出用2軸ジャイロモジュール『GSU-350』 (外形寸法 縦7×横7×厚さ1.3mm)
 ビデオカメラやデジタルスチルカメラなどの手ぶれ補正には上下と左右の手ぶれ量を検出するジャイロセンサが使われています。従来は、1軸のジャイロセンサとアンプやフィルタなどの周辺回路を2組搭載し、上下方向と左右方向の手ぶれ量を検出していました。
 今回商品化するジャイロモジュールは、2個のジャイロセンサとアンプ、フィルタなどの周辺回路を1つのパッケージにした業界最小容積の2軸モジュールで、機器の小型・軽量化に寄与すると共に、より小型な機器への手ぶれ補正機能の搭載を可能にします。
 本モジュールに搭載されている新開発のジャイロセンサ(振動子)は、MEMS(Micro Electro Mechanical Systems)※3技術による精度の高い微細加工と薄膜技術による圧電素子※4の形成で小型化を実現し、モジュールとしても当社従来品の1軸ジャイロを2個使う場合と比較して、面積で1/5、厚さで1/3を実現しています。
 また、ソニー独自のジャイロセンサ構造により、小型ながら従来品と同等の感度を確保しています。
型 名 サンプル出荷時期 サンプル価格(税込)
手ぶれ検出用ジャイロモジュール
(2軸対応)『GSU-350』
2005年8月初旬 5,250円
 当社は、本モジュールの自社製品への搭載の検討をしており、ジャイロモジュールビジネスを当社のデバイスビジネスにおける新しい領域として成長させていきます。

※1 業界最小 : 手ぶれ検出用2軸ジャイロモジュールとして。(ソニー調べ)
※2 2軸 : ジャイロセンサを二個搭載していること。
※3 MEMS : 機械的な動作と電気的回路を融合した微細化技術およびデバイスの総称。
※4 圧電素子 : 振動や圧力など機械的ひずみを電圧に変換する素子、または逆に電圧を加えると機械的ひずみを生ずる素子のこと。この素子をジャイロセンサに使っている。



■手ぶれ検出用ジャイロモジュールの主な特長

(1)2軸ジャイロモジュールを実現
ジャイロセンサは、近接して配置すると機械的振動または電気的結合によりジャイロセンサ同士の干渉が起こるため、小型パッケージ内に2つのセンサを搭載するのは困難とされてきました。
今回新たに干渉によるノイズを取り除く信号処理回路を搭載することにより、2つのジャイロセンサ同士の干渉の影響をなくし、小型での1パッケージ化を実現しました。

(2)小型化を実現
次の要素技術により従来品と同等の感度特性を保ちながらモジュールの小型化を実現しました。
[1]MEMSと薄膜技術によるジャイロセンサの小型化
   ジャイロセンサは機械的振動をしやすい形状に最適化
[2]検出回路とアンプ・フィルタなどの周辺回路を1チップICとして集約
[3]新開発ICにS/N向上を図るための信号処理回路を搭載

(3)低消費電力化
1チップIC化によってレギュレーターなどの共通回路部を半減し、当社従来品の1軸ジャイロ2個の場合と比較して約2割の低電流化を実現しました。


■手ぶれ検出用ジャイロモジュールの主な仕様

(Vcc=2.8V,Ta=25℃)
仕様 条件 従来品『GSU-307』※5
(1軸ジャイロ)
『GSU-350』
(2軸ジャイロモジュール)
動作電圧 - 2.7?3.3V 2.7?3.3V
消費電流 - 4.5mA(max) 8mA(max)
静止時出力 - ±0.55V ±0.2V
感度 角速度90deg/sを加えたときのアンプ入力信号 60±12mV 60±12mV
応答性 アンプ入力信号の位相が10deg遅れる周波数 30Hz(min) 30Hz(min)
アンプゲイン - アンプ搭載なし 100V/V
外形寸法 L(mm)×W(mm)×T(mm) 15.2×8×4 7×7×1.3

※5 1軸ジャイロの場合は、このジャイロを2個と周辺回路が必要です。


本モジュールに採用されている圧電薄膜技術は、独立行政法人 産業技術総合研究所との共同開発によるものです。

■お客様からのお問い合わせ先
 ソニー株式会社 マイクロシステムズネットワークカンパニー
フォトニックデバイス&モジュール事業本部
応用磁気製品事業部 MD1部 マーケティング課
TEL:03-5448-4745 FAX:03-5448-4744
このページの先頭へ