ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2005年07月05日

ソニーとSAPジャパン 人事・勤怠ソリューションで協業

非接触ICカード(FeliCaカード)による勤怠管理とmySAP ERP HCMの連携が実現

ソニー株式会社
SAPジャパン株式会社

 ソニー株式会社(本社:東京都品川区 代表執行役社長:中鉢良治、以下ソニー)と SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:藤井清孝、以下SAPジャパン)は人事ソリューション分野において協業します。ソニーの勤怠管理ASPサービス「インターネット・タイム・レコーダー」とSAPの人事ソリューション「mySAP ERP HCM」を連携させ、ソニーの非接触型ICカードFeliCa(フェリカ)カードやフェリカ携帯電話でのmySAP ERP HCMへの勤務データの自動入力・管理を可能とします。

 ソニーとSAPジャパン、両システムを連携するインターフェースはSAPジャパンが提供します。このサービスを利用する企業は専用の出退勤カードを用意することなく、既存のインターネット環境とフェリカ社員証や携帯電話、社員が個人保有するカード等を利用しながら低コストで勤務時間管理ができるようになるとともに、勤務時間管理や個人認証の精度などを向上できるようになります。今後ソニーとSAPジャパンは共同でパートナー企業の支援・拡充などを推進するとともに、共同で販売活動を展開します。
インターネット・タイム・レコーダーについて
ソニー株式会社 通信サービス事業部(bit-drive)が提供する勤怠管理ASPサービス。非接触ICカード(FeliCaカード)とインターネットを利用し従来の印字式タイムレコーダーでは得られなかったリアルタイムでフレックスな勤怠管理による人事マネジメントをASPならではの低価格で提供。2004年4月にサービスを開始し国内約150社へ導入。
mySAP ERP HCM について
SAPが提供する統合人材マネージメントソリューション。人材育成・タレントマネジメント・コンピテンシーマネジメント・マネージャセルフサービスなどから構成される「戦略人材マネージメントソリューション」、および人材管理・給与管理・組織管理から構成される「コア人材マネジメント」から構成される「統合人材マネージメントソリューション」である。国内大手企業での数多く導入実績を有しており経営におけるヒトの戦略的なマネジメントに貢献できるソリューションです。
このページの先頭へ