ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2005年09月15日

地上アナログ/地上デジタル/BSデジタル/CSデジタル放送向けチューナーを1パッケージに集約したチューナーモジュール 商品化

 ソニー株式会社は、地上アナログ/地上デジタル/BSデジタル/CSデジタル放送の4チューナー機能を一つのチューナーモジュール上に搭載したチューナーモジュール『SUV-AK45XZ』を商品化、2005年9月よりサンプル出荷します。
  • SUV-AK45XZ
写真:地上アナログ/地上デジタル/BSデジタル/CSデジタル
放送対応チューナーモジュール『SUV-AK45XZ』

型名 サンプル
出荷時期
サンプル価格(税込)
地上アナログ/地上デジタル/BSデジタル/CSデジタル
放送対応チューナーモジュール『SUV-AK45XZ』
2005年9月 50,000円
 当社は、昨年2004年8月に、地上アナログ放送と地上デジタル放送の2機能を一つのチューナーモジュールにした『BTD-HK45XZ』を商品化、当社製のテレビなどに搭載しました。この『BTD-HK45XZ』では、BS/CS放送を受信するには、別途BS/CSチューナーを搭載することが必要でしたが、今回商品化する『SUV-AK45XZ』は新たにBS/CSチューナー機能も一体化したため、テレビやDVDレコーダー等の製品の多機能化や部品点数の削減、設計工数削減などが可能となります。
 高密度実装技術を駆使することにより、4つのチューナー機能を一体化しながらも縦100mm×横50mm×厚さ14mmの小型形状を維持し、地上アナログ/地上デジタルチューナーとBSデジタル/CSデジタルチューナーが別パッケージの場合に比べ、容積を約10%削減(当社比)しています。また、使用半導体を低消費電力化することにより、消費電力を20%削減(当社比)しました。さらに、高周波回路技術を駆使することにより、信号の干渉を防ぐ高い妨害排除能力と高感度を実現しました。
 弊社は、同チューナーを今秋発売の弊社製のHDD搭載DVDレコーダーやテレビに搭載すると共に、積極的に外販を行ってまいります。

主な特長

干渉妨害性能の向上により、一体型モジュールを実現
地上アナログ/地上デジタル/BSデジタル/CSデジタル放送は、それぞれ異なる周波数帯で放送が行なわれており、これらに対応するチューナー機能を1つのモジュール内に搭載する場合、各信号が干渉しあい、映像の品質に影響を与える可能性があります。今回、高周波回路技術とシミュレーション技術を駆使することにより、この干渉を克服し、一体型モジュールを実現しました。

高密度実装技術により小型化を実現
従来の地上アナログ/地上デジタルチューナーとBSデジタル/CSデジタルチューナーが別パッケージの当社製チューナーモジュールと比較して、容積を約10%削減しました。

低消費電力を実現
使用半導体の低消費電力化を進めることにより、モジュールとしての消費電力を同機能の当社製品に比べ約20%削減しました。

『BTD-HK45XZ』の主な仕様

<総合>
受信周波数





90 〜 770 MHz
 ・VHF/UHF:1ch 〜 62ch
 ・CATV:C13ch 〜 C63ch
950 〜 2150 MHz
 ・BS:BS1ch 〜 BS23ch
 ・CS:ND2ch 〜 ND24ch
電源電圧 1.5V、3.3V、5V、9V、32V
消費電力 2.5W typ.
外形寸法 100 × 50 × 14mm
質量 約83g

<地上アナログ受信部>
IF周波数

Picture 58.75 MHz
Sound 54.25 MHz
ビデオ出力レベル 1.8Vp-p
音声出力レベル

540mVrms
(L/R 100% Mod.)
音声多重方式 EIAJ System

<地上デジタル受信部>
放送方式 ISDB-T:ARIB STD-B21準拠
入力レベル -5 〜 -75dBm (64QAM,CodeRate=7/8)
データ出力 MPEG-2 TS (シリアル出力)

<BS/CSデジタル受信部>
放送方式 ISDB-S:ARIB STD-B21準拠
入力レベル -15 〜 -80dBm (TC8PSK,Code Rate=2/3)
データ出力 MPEG-2 TS (シリアル/パラレル出力)


■お客様からのお問い合わせ先

ソニー株式会社   マイクロシステムズネットワークカンパニー
デバイス&アプリケーション営業本部
ビジネス開発部 ND課
電   話 : 03-5435-3656
ファックス : 03-5435-3327

このページの先頭へ