ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2005年12月08日

<お知らせ>
ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社の普通株式の売出し及び同社による新規株式発行に関するお知らせ

 当社の連結子会社でありますソニーコミュニケーションネットワーク株式会社(以下「SCN」)は、2005年12月20日に東京証券取引所マザーズへの上場を予定しておりますが、本日、上場に伴うSCN普通株式の売出し・公募における売出価格・公募価格が一株につき金340,000円に決定されました。
 この売出し及び公募による2006年3月期の当社連結業績への影響として、連結税引前利益約190億円、連結当期純利益約112億円の増加をそれぞれ見込んでおります。この影響は、2005年10月27日に公表いたしました2006年3月期の当社連結業績見通しには含まれていません。

 売出し及び公募の概要は以下の通りです。
1.当社及び株式会社ソニーファイナンスインターナショナル(以下「SFI」)による売出株式数
70,000株
  (当社による売出株式数     66,000株)
  (SFIによる売出株式数4,000株)
なお、当社は、上記売出株式数に加え、12,000株を上限として、追加的にSCN普通株式を取得する権利(以下「グリーンシューオプション」)を、2006年1月13日を行使期限として、引受証券会社の1社に付与いたしました。
2.SCNによる新規株式発行数
20,000株

3.売出し及び公募後の当社及びSFIの合計保有株式数
165,520株
  (新株発行後のSCN発行済株式総数の64.8%)
なお、グリーンシューオプション付与分については考慮しておりません。

4.売出し及び公募方法
国内売出しおよび国内一般募集

以上

ご注意

この発表文は、当社及びSFIによるSCN普通株式の売出し並びにSCNによる同社普通株式の新規発行に関する情報を一般に公表するためのものであり、投資勧誘を目的に作成されたものではありません。投資を行うに際しては、必ずSCNが作成する「新株式発行並びに株式売出届出目論見書(並びに訂正事項分)」をご覧いただいた上で、投資家ご自身の判断で行うようお願いいたします。

このページの先頭へ