ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2006年01月05日

世界初“xvYCC”規格に対応し広色域な映像を再現できる信号処理回路技術を開発

世界最大級の82インチ液晶テレビに搭載し、米国2006インターナショナル・コンシューマー・エレクトロニクス・ショーにて参考展示

 ソニー株式会社は、世界で初めて動画色空間規格(※1)“xvYCC”(※2)に対応し、世界最大級となる82型液晶パネルを搭載したフルスペックハイビジョン液晶テレビを1月4日より米国ラスベガスで開催される同国「2006 インターナショナル・コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」に参考展示します。
 動画色空間規格“xvYCC”規格は、2005年10月に「IEC (International Electrotechnical Commission 国際電気標準会議) 」により承認され2006年1月に発行される予定の動画色空間の国際規格であり現行の放送等で使われている色空間規格に対し「マンセル・カラー・カスケード」(※3)票で約1.8倍の広い色彩が表現できる規格です。本規格に対応した撮影機器では、人の目に極めて近い色彩で撮影することができ、対応したテレビは撮影されたその映像をほぼ忠実に再現することができるようになります。今回、世界で初めて“xvYCC”規格対応の信号処理回路を開発し、今までのテレビでは再現できなかった、映画の中の様々な色彩、パプリカやトマトのバリエーション豊かな赤、花びら一枚一枚の色の違いなどを、あるがままに映し出します。
 今回開発した82型液晶テレビでは“xvYCC”規格対応の信号処理回路を搭載するとともに、液晶テレビのバックライトには、光の三原色である独立したRGBのLEDを用いた“トリルミナス”バックライトシステムを採用することで“xvYCC”規格に忠実な映像表現を実現しています。パネルは、ハイビジョン映像をそのまま再現するフルHD(1,920画素×1,080画素)の82型です。
 デジタルハイビジョン放送の普及に加え、HDV規格対応ハンディカムの登場や、今後期待される次世代光ディスク「ブルーレイ」などの登場により、高精細なハイビジョン映像を家庭で楽しめる環境が急速に進む中で、ソニーはフルHDワールドを加速させ、お客様が感動する高画質、豊かな色再現を実現してまいります。今回の“xvYCC”規格対応は、映像の広色域化を実現するものでありハイビジョンの高解像度に加え、自然の美しさをありのままに映し出すことができる新しいハイビジョン映像時代に向けたものです。

※1 色空間規格とは: 赤、緑、青の3原色を軸とする色の範囲。“xvYCC”に対応することにより従来不得意だったより深い色合いや明るい色合いなどの表現が可能。
※2 xvYCCとは: 静止画で使われる“sYCC”規格と現在のTVやビデオで使われている動画色空間規格を元に拡張・定義された動画での広色域色空間規格。
※3 マンセル・カラー・カスケード(Munsell Color Cascade -provided by Dr.Pointer, and measured by NPL, UK)とは: 自然界にある物体色から代表される色票。ディスプレイの色彩表現評価などに使われる。

このページの先頭へ