ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2006年03月13日

シリアルインターフェース回路や色調調整機能を内蔵した
デジタルスチルカメラ向け“システムオングラス”液晶ディスプレイパネルを商品化

 ソニー株式会社は、“システムオングラス”技術を採用し、シリアルインターフェース回路や色調調整機能等を液晶ディスプレイのガラス基板上に搭載したデジタルスチルカメラ向け低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイパネルを商品化し、2006年4月より受注を開始します。
  • ACX351
デジタルスチルカメラ向け
2.0型透過型低温ポリシリコン液晶ディスプレイパネル「ACX351」
(写真は、はめ込み合成です)


 一般的に、デジタルスチルカメラ(以下DSC)では、本体と液晶ディスプレイパネル間のインターフェースには信号線の本数を少なくできる「シリアルインターフェース」が採用されており、専用のインターフェース回路が搭載されています。
 今回商品化するDSC向け液晶ディスプレイパネルは、既に携帯電話・PDA向け液晶ディスプレイパネルで実績のある“システムオングラス”技術を進化させ、高速対応シリアルインターフェース回路を液晶ディスプレイパネル内に内蔵、インターフェース回路を削減できます。
 また、DSC用途として、より細やかな色表現を実現する中間調の色調調整機能も内蔵しています。

型名  出荷可能時期   サンプル価格 
 1.8型 透過型 低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイパネル
「ACX343」 (バックライト付) 
2006年4月 5,000円
 2.0型 透過型 低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイパネル
「ACX351」 (バックライト付) 
2006年4月 6,000円
 2.5型 透過型 低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイパネル
「ACX350」 (バックライト付) 
2006年4月 7,000円
※出荷時期は、下記仕様をベースとしたものであり、仕様・数量によって異なります。

『ACX343、351、350』の主な特長

●システムオングラス技術により、液晶ドライバー回路や電源などの各種周辺回路を液晶ディスプレイパネル上に内蔵することで、部品点数や消費電力などを削減
●DSC向けに、シリアルインターフェース回路や色調調整回路などを新たに搭載

今回発売する“システムオングラス”低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイパネルの主な特長

1. 周辺回路の一体化(下記インターフェース ブロック図参照)
TFTの高性能化実現により、ディスプレイ駆動に必要なドライバー回路や電源などの周辺回路などを、ガラス基板上に一体形成(システムオングラス技術)しています。さらに今回発売するディスプレイパネルでは、以下3つの回路が今回DSC向けに新たに搭載されています。
・RGBシリアルインターフェース回路
DSC(セット側)からディスプレイパネルに直接映像データを入力することができます。
・RGB独立γカーブ(色調、階調)調整機能回路
中間調の色調調整が可能となり、より細やかなディスプレイ表示が可能になります。
・デルタ配列対応FRC(フレームレートコントロール)回路
5ビット(32階調)のデータ処理でありながら、6ビット(64階調)と同等の色表現を可能にしています。本回路により、ガラス基板上に搭載されたDAコンバータの小型化を可能にし、画像非表示エリアの少ないパネルの狭額縁化を実現しています。

2.部品点数削減、信頼性向上、小型化、低消費電力化が可能。
周辺回路やシリアルインターフェース回路をディスプレイと一体化させる事により、DSCの部品点数の削減と信頼性の向上、小型化などが可能になります。また、パネル部(パネル+駆動システム)の消費電力は、当社従来比約30%削減しています。

  • 今回発売する“システムオングラス”液晶ディスプレイ(下)と当社従来同等品(上)の違い
    従来品との比較

■今回開発した1.8型/2.0型/2.5型“システムオングラス”液晶ディスプレイの主な仕様


型名 ACX343 ACX351 ACX350
画面サイズ 4.48cm(1.8型) 5.0cm(2.0型) 6.3cm(2.5型)
液晶タイプ 透過型 低温ポリシリコンTFT液晶
画素数 320×240 354×240 354×240
ドットピッチ 112µm×112µm 112µm×124µm 140µm×156µm
画素構造 RGBデルタ
表示色数 250,047色
端子数 33ピン
供給電圧 8.5V, 3.0V
消費電力(パネル+駆動システム) 約70mW 


■お客様からのお問い合わせ先

ソニー株式会社   コアコンポーネント事業グループ
デバイス&アプリケーション営業本部
モバイルディスプレイMK部
電   話 : 03-5435-3504
ファックス : 03-5435-3587

このページの先頭へ