ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2006年07月12日

ブルーレイディスク(BD)制作の総合サービスを提供
映像制作からディスク量産まで本格稼動・受注開始

ソニー株式会社


 ソニーグループは、ブルーレイディスク(BD)映像ソフトの制作需要拡大に備えて、ハイデフィニション(HD)による撮影・編集からディスク化に必要なオーサリング、ディスクの量産・パッケージングまで一貫して受注・提供できる体制を整え、総合サービスの提供を開始します。

●「BD」映像ソフト制作の総合サービス●

 ソニーPCL株式会社は、「BD」専用オーサリングスタジオを新設、本日7月12日より「BD-ROM」規格に準拠したオーサリング業務を開始しました。これにより、HDによる撮影・編集などのコンテンツ制作を始め、高品位マスター制作、メニュー/字幕制作からオーサリングに至るまで、HD映像の魅力を最大限に引き出す映像技術サービスを提供します。加えて、ディスク製造からケースやジャケットなどアクセサリーの制作・管理、パッケージングまで、商品の完成に必要な工程の一貫受注体制を整え、映像系ソフトはソニーPCL株式会社、音楽系ソフトは株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズが窓口となって受注を開始、「BD」映像ソフト制作のための総合サービスを提供します。

  • 写真 左: ソニーPCL(株)「BDオーサリングスタジオ(プレビュールーム)」               
    写真 右: (株)ソニー・ミュージックマニュファクチュアリング「BD-ROM」生産ライン

●安定したディスクの量産・供給●

 上記の工程のうち、数量・品質ともに安定したディスクの量産を支えるのが、株式会社ソニー・ミュージックマニュファクチュアリング(SMM)静岡です。SMMでは著作権保護規格AACS(Advanced Access Content System)準拠の国内・海外向け映画ソフトや、評価用ディスクの生産を開始しました。現行のシート貼付によるディスク表面・カバー層形成を、年末までにすべてスピンコート(ディスクを回転させて樹脂を均一に塗布する方法)へ移行、さらなるコスト低減と生産効率の向上を図っていきます。同時に、当初月産30万枚のキャパシティを今秋までに月産250万枚へ増強、年末までには米国(月産500万枚)、欧州(月産250万枚)合わせて、ソニーグループ内の製造拠点で月産1000万枚(「プレイステーション3」向けゲームソフトを含む)の生産体制を構築する予定です。

* 「プレイステーション」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。


<クライアント各位からのお問い合わせ先>

■映像系ソフト
ソニーPCL株式会社 事業本部 メディア事業部 営業推進部 電話:03(3492)9671
             ホームページ:http://www.sonypcl.jp/

■音楽系ソフト
株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ 
                 エンタテインメント営業本部 VE営業部 電話:03(3266)7824
             ホームページ:http://www.smci.jp/

<ご参考>

ソニー ブルーレイディスク オフィシャルサイト:
                       www.sony.co.jp/BD/

このページの先頭へ