ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2006年07月14日

サムスン電子とソニー、世界最大級の液晶パネル生産ライン敷設に向け、本契約を締結

サムスン電子株式会社
ソニー株式会社
 

 サムスン電子株式会社(以下、サムスン電子)とソニー株式会社(同、ソニー)は、両社合弁で設立されたS-LCD株式会社(以下、S-LCD)において、第8世代アモルファスTFT液晶ディスプレイパネルの製造ラインを共同で敷設するための本契約を本日締結しました。

 今年4月に発表しました「LOI(Letter of Intent-意思確認書)」締結以降、以下の内容について両社で協議を行い、正式な本契約に至りました。
現在、第7世代アモルファスTFT液晶ディスプレイパネルを製造している、合弁会社S-LCD(韓国忠清南道湯井)において、新たに、第8世代アモルファスTFT液晶ディスプレイパネル(ガラス基板サイズ:約2,200mm×2,500mm)製造ラインを敷設する。
投資額は、両社合わせておよそ19億米ドル(1.8兆ウォン、約2000億円)を予定しており、両社で折半する。2007年秋の量産稼動を目指し、生産能力はガラス基板ベースで5万枚/月を予定。
※土地造成および建屋分含まず

 両社は世界最大級の第8世代アモルファスTFT液晶ディスプレイパネルの製造ラインを稼動させることにより、今後ますます拡大が予想される50型クラスの液晶テレビ市場に向けた大型液晶パネルの生産を拡大するとともに、すでに稼動している第7世代ラインのパネル生産能力増強と合わせ、安定した供給体制を構築します。

<ご参考>

ガラス基板1枚からのパネルの取り数の例
●第7世代の場合(1,870mm×2,200mm):46型6枚、40型8枚、32型12枚
●第8世代の場合(約2,200mm×約2,500mm):50型クラス6枚、46型8枚

このページの先頭へ