報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2006年9月26日

『CEATEC JAPAN 2006』出展のお知らせ

 ソニーは、ハイビジョン映像による感動・新しい楽しみ方を提案する「Sony Hi-Vision Quality」をメインテーマとした最新のデジタルAV機器群を、CEATEC JAPAN 2006(10月3日〜7日幕張メッセ[千葉市美浜区])にて展示します。

≪出展概要≫
◆Sony Hi-Vision Quality
CEATEC JAPAN 2006のソニーブースでは、リアリティ豊かなハイビジョン映像で、撮る、観る、録画する、編集する、残すといった楽しみ方を具現化したAV機器群をご紹介いたします。最新のブルーレイディスクレコーダーを始め、薄型テレビ“ブラビア”、ハイビジョン“ハンディカム” “VAIO”、“スゴ録”、“α ”など、ソニーの幅広いハイビジョン対応のAV機器群を通じて「Sony Hi-Vision Quality」を体験していただけます。また、リビングの映像コンテンツを別の場所に映し出す“ロケーションフリー”もあわせて展示。ますます広がる家庭内における新しい映像の楽しみ方をご覧下さい。

主な展示機器

  • “ブラビア”
     臨場感溢れるハイビジョン映像を美しく映し出す。
  • ハイビジョン“ハンディカム”
     美しい風景や感動のシーンをハイビジョンで撮影する。
  • “VAIO”
     ハイビジョン番組を録りためて好きなときに楽しむ。ハイビジョン映像を編集する。
  • ブルーレイディスクレコーダー
     大容量のブルーレイディスクにより、ハイビジョン映像を観る、録る、残す。
  • “スゴ録”
     ハイビジョン番組を録りためて好きなときに楽しむ。
  • “α ” 
     高画質撮影した映像をVAIO、スゴ録、ブルーレイディスクレコーダーを通じてブラビアに映し出す。
  • “ロケーションフリー”
     リビングの映像コンテンツを、他の部屋や外出先、海外で高画質で楽しむ。
このページの先頭へ