ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2006年10月24日

ノートブック型コンピュータ用電池パックの『自主交換プログラム』について

ソニー株式会社

 ソニー株式会社は、9月29日にご案内しましたとおり、ノートブック型コンピュータ(以下、ノートPC)の一部に採用されている弊社製リチウムイオン電池セルを使用した電池パックの自主交換プログラムを全世界で実施いたします。この度、取引先企業各社様ならびに関連機関のご協力により、以下の要領にて同交換プログラムを開始することとなりましたのでお知らせいたします。

今回の自主交換プログラムは、特定の弊社製電池セルを組み込んだノートPC用電池パックを対象としています。この対象電池セルは、デル社様およびアップルコンピュータ社様、レノボ社様の自主回収プログラムの対象電池パックに採用されている弊社製電池セルと同タイプのものです。

弊社は、ノートPCをご利用頂いているお客様のご満足を第一に考えた結果、当該自主交換プログラムを実施することが最善の策であると考え、取引先企業各社様にご提案、ご協力をいただいた上でPCメーカー各社様より実施されるものです。

なお、本日米国消費者製品安全委員会(Consumer Product Safety Commission)は、日本時間午前10時(米国東部時間23日午後9時)、弊社の米国国内での交換プログラム実施に際し、弊社が同委員会と協調して実行することを決定した旨発表を行っております。
交換対象製品 :  2003年8月から2006年2月までに製造された2種類(2.4Ah、2.6Ah)の弊社製リチウムイオン電池セルを用いた一部ノートPC用電池パック
交換対象個数 :  全世界で約350万個
デル社様,アップルコンピュータ社様及びレノボ社様の回収分は含みません。
交換開始時期及び方法 :  具体的な交換開始時期や方法については、取引先企業様よりお客様にご案内、実施されます。
廃棄処理 :  取引先企業様で集荷された交換済み電池セルは、ソニーにて適切に処理します。
交換プログラムにかかる費用 :  デル社様、アップルコンピュータ社様及びレノボ社様の自主回収ならびに今回の自主交換プログラムにかかる費用の合計は、現時点で約510億円を見込んでおります。この金額の前提となっているバッテリーパックの対象個数は、約960万個です。

※現時点での見込み額であり、今後の進捗などによって変更となる場合があります。

このページの先頭へ