ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2006年12月07日

次世代ディスプレイFEDの事業化に向け事業企画会社を設立

〜外部技術投資ファンドと共同で〜

 ソニー株式会社(以下“ソニー”)はこれまで独自に次世代ディスプレイとしてFED(電界放出ディスプレイ:Field Emission Display)の開発を進めてまいりましたが、このたび、外部の投資ファンドであるテクノロジーカーブアウト投資事業有限責任組合(TCI)と共同で新会社、「株式会社エフ・イー・テクノロジーズ(Field Emission Technologies Inc.)」(以下“新会社”)を設立することといたしました。

 新会社ではFEDパネルの技術開発や事業計画・企画検討、市場調査や顧客開拓などを主に行います。また新会社は従来の合弁会社やスピンオフという形態とは違い、新たに“カーブアウト(技術の切り出し)”という、外部パートナーの投資や経営資源を積極的に活用することで成長の加速を狙うベンチャーの新形態をとっています。カーブアウトのため新会社の資本はTCIおよびソニーが共同で出資し、ソニーグループは新会社にFED関連資産を譲渡し、技術、人材などの経営資源を提供して、新会社においてFED事業化に向けた研究開発等の各種準備活動を行ってまいります。

 そして新会社はFED事業化の可能性を検証いたします。この検証ができた時点で新会社の成果をもとに事業化の可否を判断し、ソニーによる買取・吸収や、他社との合弁会社設立、他社への事業売却等、一定のオプションから最適な選択肢を検討してまいります。

 FEDは視野角が大幅に広く、高コントラストで動画特性や色彩表現などに優れた次世代ディスプレイです。液晶やプラズマよりも高画質を追求できる可能性があり、さらに低消費電力という特徴を併せ持つFEDという技術を事業に結びつけることを目標に、新会社はスピードをもって開発、事業検討を行ってまいります。


■新会社概要

名称:
 
株式会社エフ・イー・テクノロジーズ
(Field Emission Technologies Inc.)
   
合弁発足日: 2006年12月18日    
合弁発足時資本金: 2億3千万円    
出資予定総額: 25億2千万円(出資比率:ソニー:約36.5% TCI :約63.5%)    
所在地: 東京都港区高輪    
事業所(開発拠点): 岐阜県瑞浪市    
役員構成:
 
 
 
代表取締役   長谷川 正平
           (元ソニー(株)ディスプレイデバイス開発本部)
取締役      牧 正男
           (元ソニーグローバルソリューションズ(株)監査役)
取締役      桝谷 均 (TGI)
   
従業員数: 約30名    
事業内容: FEDパネルの技術開発、事業計画策定及びその他準備活動    

■TCI概要

名称: テクノロジーカーブアウト投資事業有限責任組合
ファンド規模: 最大50億円
出資組合員:
 
株式会社テックゲートインベストメント(TGI:無限責任組合員)
大手金融機関、大手生損保会社等(有限責任組合員)

■TGI(TCI無限責任組合員)概要

名称: 株式会社テックゲートインベストメント
代表: 代表取締役  土居 勝利
所在地: 東京都品川区東品川
設立日: 2004年9月1日
事業内容:
 
 
テクノロジーカーブアウトファンド設立、運用、管理
カーブアウト事業創造推進
技術戦略、事業戦略コンサルティング
このページの先頭へ