報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2007年3月20日

「PIE2007」にて最新のデジタルカメラを一挙展示

〜写真はハイビジョンと音楽でもっと楽しくなる〜

 ソニーは、2007年3月22日(木)〜3月25日(日)に、有明の東京ビッグサイトで開催される「PIE(Photo Imaging Expo)2007」(主催:カメラ映像機器工業会 写真感光材料工業会 日本カラーラボ協会 日本写真映像用品工業会)*1に出展します。

 「写真はハイビジョンと音楽でもっと楽しくなる」をテーマに、撮影した写真を“BRAVIA”などのハイビジョンテレビと接続して、音楽つきのスライドショーをハイビジョン画質*2で楽しんでいただける*3新“サイバーショット”コーナーや、ブルーレイディスクレコーダーや次世代コンピュータエンタテインメントシステム「プレイステーション 3」などに取り込んだ迫力ある写真を楽しんでいただける“α”コーナーなどを用意します。

 また、「PIE2007」初日の3月22日(木)には、写真家の三好和義先生によるトークショー(第1回 10:25-10:35、第2回 11:35-11:45)を開催し、来場者の方々にお楽しみいただく予定です。

「ソニーブース」イメージ 「ソニーブース」イメージ

主な出展内容

<デジタルスチルカメラ“サイバーショット”>

  • (1) ハイビジョン静止画出力に対応した新“サイバーショット”(『DSC-W80/T20/T100/H7』):
    別売のサイバーショットステーションやHD出力アダプターケーブルを使用し、“BRAVIA”などのハイビジョンテレビに接続して、高精細で迫力のハイビジョン画質(水平1920画素×垂直1080画素)での写真を体験していただきます。
  • (2) 『DSC-G1』:
    大容量約2GB*4内蔵メモリーと世界初*5、約92.1万ドット、3.5型大画面液晶搭載。大切な1枚を高画質で「撮る」楽しみに加え、撮影した写真や今まで撮りためてパソコンに保存してあった写真をカメラ本体に転送し、見たいときにアルバムとして持ち歩き、「見る」「見せる」楽しみを広げるデジタルアルバムカメラです。“サイバーショット”としてはじめて無線LAN(Wi-Fi)通信機能と「DLNAガイドライン」にも対応しました。

<デジタル一眼レフカメラ “α”>

 現行ラインナップの“α100”とカール ツァイスレンズ含めた21本のレンズ群に加え、以下のボディならびに交換レンズを参考出品しています。新たな製品展開により、より幅広い層のお客様方へ、“α”の世界を提案してまいります。

【展示を行う参考出品】

  • (1)ハイアマチュアユーザー向けカメラボディ:
     ・“α100”よりも上位セグメントのモデル
     ・新規開発のイメージセンサーおよび「BIONZ」を搭載し、高次元の総合画質を提供
     ・ボディ内蔵手ブレ補正機能搭載
     ・ハイアマチュアユーザーに満足いただける仕様を搭載
  • (2)フラッグシップモデル・カメラボディ:
     ・αシステムの最上位モデル
     ・新規開発のイメージセンサーおよび「BIONZ」を搭載し、高次元の総合画質を提供
     ・ボディ内蔵手ブレ補正機能搭載
     ・プロフェッショナルユーザーの期待に応えられる仕様を搭載
  • 参考出品したカメラボディ2機種のうち1機種を2007年内に発売します。
  • (3)交換レンズコンセプトモデル群:
     ・交換レンズについても高性能・高画質なレンズを中心に、幅広いラインナップを展開していく計画です。
      今回はその中から8本のコンセプトモックを展示しています。
     (1)大口径標準ズームレンズ
     (2)大口径広角ズームレンズ
     (3)望遠ズームレンズ
     (4)超望遠ズームレンズ
     (5)広角単焦点レンズ
     (6)大口径広角単焦点レンズ
     (7)望遠単焦点レンズ
     (8)超望遠単焦点レンズ
  • 交換レンズについては、今後1年以内に、『24-70mm F2.8』 『70-300mm F4.5-5.6』 『DT18-250mm F3.5-6.3』の3本を含む、合計5本以上のレンズを発売する予定です。
  • *1 「PIE2007」につきましては、公式HPをご参照ください。http://www.photoimagingexpo.jp/
  • *2 ハイビジョン静止画出力対応の“サイバーショット”は水平1920画素×垂直1080画素で出力します。
  • *3 HD静止画を見る場合はHD入力(D3・D4・D5端子、コンポーネント端子)対応のテレビと別売アクセサリー(CSS-HD1/VMC-MHC1/VMC-MHD1のいずれか)が必要です。
  • *4 約2GBの内蔵メモリー容量は、1GBを10億バイト(1MBを100万バイト)で計算した場合の管理用ファイルなどを含んだ数値です。内蔵メモリー実容量は1.86GBです。
  • *5 3.5型、約92.1万ドット液晶搭載の民生用デジタルスチルカメラとして(2007年3月現在、ソニー調べ)
このページの先頭へ