ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2007年04月18日

【参考資料】
ソニーのデザイン部門がミラノサローネ期間中にプロトタイプ作品群を展示
北イタリア・ロンバルディア州の工房とコラボレーション

ソニー(株)クリエイティブセンターはミラノ国際家具見本市(Salone del Mobile in Milan、通称ミラノ・サローネ)期間中の4月18日(水)〜22日(日)、ミラノ市街中心部に位置する「Palazzo dei Giureconsulti」において、「Sony Design × Master Craft Lombardia」と題した展示を開催いたします。
ソニーデザインのクリエイティビティと、モダンデザインの原点ともいえる北イタリアの工房のコラボレーションから生まれたプロトタイプ作品の展示を通じ、「新しいモノの佇まい」と「人と空間の心地よい関係」を提案いたします。




<開催概要>
展示名 :Sony Design × Master Craft Lombardia
会 期 :2007年4月18日(水)〜22日(日)
会 場 :Palazzo dei Giureconsulti (イタリア・ミラノ)
主 催 :ソニー株式会社 クリエイティブセンター

長年にわたり培われたソニーデザインのフィロソフィーとエレクトロニクス技術、そしてロンバルディアの職人たちの高い職人技や素材技術が触発しあい、ソニーのデザイナーのアイデアをもとにした10点のプロトタイプ作品が北イタリアの工房で完成いたしました。そのデザインコンセプトは、「新しいモノの佇まい」の表現。これら作品の展示を通じ、人とプロダクト、そして空間の心地よい関係を創り出すことをめざしております。

今回初公開されるプロトタイプは、「木、大理石、皮を素材としたインテリア調の棚型スピーカー」、「張り地として皮や布を用いたエレガントなサラウンド・サウンド・チェア」、「彫刻のような佇まいをもった大理石のスピーカー」、「モニター付のガラスに照明を付加した美しい屏風」、「銀メッキ仕立てのプロジェクター内蔵テーブル」などソニーのAV技術と工房の芸術性が融合したインテリア性の高い作品に仕上がっております。会場ではソニーのサウンド・デザイナーやオーディオ・エンジニアによる音のインスタレーションとともに空間展示をお楽しみいただきます。

「人のやらないことをやる」というソニーの創業当初からの企業理念は、ソニーデザインにおいて「高性能で、使いやすく、かつ美しく、そしてソニーらしい商品を形作る」というフィロソフィーとして1961年のデザイン部門設立当初から変わることなく受け継がれ、今日ではロサンゼルス、ロンドン、シンガポール、上海のデザイン部門の拠点を通し、世界中でそのアイデンティティを映し出すデザインを生み出しております。
展示作品
<プロトタイプ>
 1. 座  Surround Sound Chair
 2. 月  Table with Built-in Projector
 3. 結  Wall Fixture Audio System
 4. 纏  Personal Computer with Customized Cover
 5. 響・奏 Hanging Speaker/All-in-one Home Audio System
 6. 眺  Frame Type Speaker
 7. 凛  Standing Speaker
 8. 架  Shelf with Built-in Speaker
 9. 花  Floor Lamp with Built-in Speaker
10. 遷  Folding Screen Television System
<サウンド・デザイン>
11. 楽 Sound Design for Corridor
12. 呼 Sound Design for Audio Room
展示および作品に関する詳細情報
www.sony.co.jp/design/milano ※現在はアクセスできません
Sony Designホームーページ
www.sony.co.jp/design/

ロンバルディア州の熟練の職人技とソニーのデザインの融合

Region of Lombardy Craft and Services
ロンバルディア州工芸事業部局 *1


今回、「Sony Design × Master Craft Lombardia」が開催される会場では、Ente Mostre di Monza e Brianza(モンツァ・ブリアンツァ見本市協会 *2)主催によるエコメイド展(Ecomade)も開催されます。Ente Mostre di Monza e Brianzaは手工業種の工房の活性化の為にさまざまな協力・活動を行っているロンバルディア州公認の協会のひとつで、このエコメイド展も産業の世界と手工業の世界とをつなぐ架け橋となることが目的になっております。この革新的なフィロソフィーは、私たちを取り巻く世界をより良いものとし、ひいては人々の生活の質を高めてくれるような製品を生み出すことを目指しています。それは環境に配慮したプロジェクトを通じて形成されるバイオアーキテクチャのようなものとも言えます。

*1 *2 : 日本語の正式名称はございません。ご参考までの和訳です。

美しさを追求するばかりでなく自然環境への配慮もおこなうというこのコンセプトがソニーのデザインフィロソフィーと出会い、ロンバルディア州政府の事業と日本のテクノロジーのコラボレーションが実現しました。
ロンバルディア州では手工業が非常に盛んです。人々は代々誇りを持ってその経営を受け継いでいます。そのような伝統を受け継ぐ若き後継者たちは、先人から受け継いだ経験を十分に重んじながらも、最新のテクノロジーが持つあらゆる可能性にも目を向けています。そうしたロンバルディアのクラフトマンシップに最新のテクノロジーを吹き込もうと究極のデザインを求め、ソニーが名乗りをあげました。
このようにして立ち上げられたプロジェクトは、あくまでプロトタイプの段階であり、作品の形態や特徴は未だ手探りの部分が多く見られます。しかしいずれも、寛ぎを演出し、人々のさまざまな感情を穏やかに内包する調和のとれたリビングの空間にふさわしいものとなるものと期待されます。
今回の展示会は、ミラノにある16世紀の優れた歴史的建造物の一画にある「柱の間」(Sala delle Colonne)で開催されます。展示作品ばかりでなく、ブースの空間そのものも大いに楽しめる内容となっています。さまざまな音色の立体的なサウンドを駆使して作り上げられた音の世界は、複雑に織り成されたタペストリーのようです。

最新のテクノロジーとクラフトマンシップのコラボレーションが創りだす感動を味わってください。

ロンバルディア州の工房

SEMEA
ベルガモのアルプスに程近いブレンバーナ渓谷から切り出されるアラベスカート オロービコは、今から約2億2500万年前に形成されたカラフルで美しい模様が特長の大理石。
建材やインテリアの個性的な装飾材質として重宝がられている。

REMUZZI CAMILLO & FIGLIO s.n.c.
1世紀にわたってイタリアの建築界を支え続けてきたベルガモの大理石加工工房。職人の手によって加工された大理石は、建築物の外装や内装、アートとして、人々の生活に彩りを添えている。

COVRE Giulio
厳選された上質皮革、コーバンを使い、手縫いで仕上げた革製品や革張り家具、椅子などを手がける皮革工房。多彩なバリエーションと豊富な色彩の高級オーダーメード製品で知られる。

GUIDETTI DASSI
高級木材のチークを使用した作品で知られる老舗工房。異業種とのコラボレーションにも積極的に取り組み、相手の技術や構造を熟慮した製品で、高い評価を得ている。

MESA s.n.c.
シルバーや銀合金のインテリア製品や日用品、食器類を製作する金属加工の工房。機能的かつデザイン性の高い製品で、ヨーロッパをはじめ、広く世界中で高い評価を得ている。

LASER TECH s.r.l
ブレーシャのルメッツァーネにある高精度な板金の曲げ、変形加工で実績を誇る工房。  
最近では特に3Dによる板金レーザーカット、溶接加工を行う。

Bigatti Battista
木材、真鍮、銅など多彩な素材を使用し、伝統的な技法で製作する象嵌細工・寄木細工の工房。クラッシックな花柄からモダンな幾何学模様まで、幅広く対応している。

PAPETTI E CENTIMERIO & C. s.n.c.
真鍮、銅、亜鉛などの厳選された素材を使用した、伝統的な象嵌装飾加工工房。ブール象嵌の振り子時計とキャビネットで知られる工房。装飾備品は、全てロストワックス技法と真鍮鋳造が施されている。

MARINI CARLO VETRERIA ARTIGIANA
3代にわたりオリジナリティの高い製品を生み出し続けるガラス工房。伝統的技法を充分に盛り込んだモダンインテリアのガラス工房。鋳造ガラス、サンドブラスト彫刻など、室内装用ガラス製品を幅広く手がける。

BRUNELLO IMBOTTITI s.n.c.
モダンデザインと最新の技術を組み合わせたラウンジチェアーやソファなどで知られる張り地工房。手作りの品質・機能・価格のバランスが取れた製品づくりで支持を得ている。

Guido Zocchi & Co
ハンドメイドにこだわる皮革工房。厳選した素材を特殊機械用いて熟練の職人たちが生み出すトランクや小物は、使い込むほどに味わいが深まる。また、革を贅沢に使った家具も手がける。

Riccardo Banfi
高級靴の生産地として名高いパラビアーゴで、職人の技を受け継ぐ靴工房。伝統のハンドメイドの味わいに、伝統技法と最新技術を融合させることで、高い品質を維持している。

GEGIA BRONZINI
1932年創業の手機織り工房。素材や色彩のリサーチに熱心で、また、オリジナルデザインのセンスの良さには脱帽。機織り技法でシルク、麻、綿、革、金属と、様々な天然素材を駆使した室内装品をアイテムとする高級テキスタイルを製作。
このページの先頭へ