ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2007年08月28日

【参考資料】
S-LCD、第8世代TFT液晶ディスプレイパネルの出荷を開始

S-LCD株式会社



 サムスン電子株式会社(以下、サムスン電子)とソニー株式会社(以下、ソニー)の合弁会社である、S-LCD 株式会社(以下、S-LCD)は、第8世代アモルファスTFT液晶ディスプレイパネルを本日より、液晶パネルモジュールとして出荷いたします。同生産ラインは当初の量産開始予定であった2007年秋から前倒しを実現し、今年末に向けて、業界最高水準の生産能力である5万枚/月まで体制を確立する予定です。
 同生産ラインの稼動により、S-LCDは今後、世界最大の液晶ガラス基板(サイズ:約2,200mm×2,500mm)を駆使した大型サイズのTFT液晶ディスプレイパネルを供給することが可能となります。これらのパネルは、サムスン電子およびソニー両社の主に46V型と52V型のフルHDパネル搭載液晶テレビに搭載される予定です。
 S-LCDでは本日、同社CEOの張元基(チャン・ウォンキー)をはじめ、サムスン電子副会長の尹鍾龍(ユン・ジョンヨン)、ソニー株式会社社長兼エレクトロニクスCEOの中鉢良治など、合計300名の関係者が出席し、出荷式を開催いたしました。
 S-LCDは、既に両社の液晶テレビに搭載している第7世代TFT液晶ディスプレイパネルに加え、第8世代TFT液晶ディスプレイパネルの生産開始により、大型液晶テレビ市場の拡大をさらに加速させてまいります。

【S-LCD株式会社 第8世代アモルファスTFT液晶ディスプレイパネル生産ライン概要】

S-LCD会社設立:2004年4月26日
投資額(第8世代):約19億米ドル(約1.8兆 韓国ウォン、約2000億円、両社折半)
代表者 :代表取締役社長CEO 張元基(チャン ウォンキー)
      代表取締役CFO 人見昌利(ヒトミ マサトシ)
所在地 :韓国忠清南道牙山市湯井面(タンジョン)
生産品目 :第8世代アモルファスTFT液晶ディスプレイパネル(大型テレビ向け)
生産能力 :月産5万枚 第8世代(ガラス基板サイズ:約2,200mm×2,500mm)
       (1枚のガラス基板から取れるパネル数の例:46型 8枚、52型 6枚)

【S-LCDにおける 第8世代生産ライン施設までの流れ】

- 2006年7月:本契約を締結
- 2006年11月:上棟式
- 2007年7月:試作稼動開始
- 2007年8月:量産稼動開始
- 2007年末 :フル生産(予定)

【S-LCDにおける、第7世代および第8世代の生産状況(07年8月末時点)】

世代   ガラス基板サイズ 月産キャパ 開始時期 投資額
第7 初期投資 1,870×2,200mm 60,000 2005年4月 約20億米ドル
追加投資 15,000 2006年7月 約1000億ウォン
(約100億円)
追加投資 15,000 2007年1月 約2220億ウォン
(約280億円)
第8 初期投資 2,200×2,500mm 50,000 2007年8月 19億米ドル
(約2000億円)
合計         <サムスン電子・ソニー>
総投資額:約4000億円
<S-LCD>
総投資額:約380億円
このページの先頭へ