ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2007年09月20日

DVD-Video/ROMディスクへの個別情報記録を可能にした
「Postscribed ID™ for DVD」を世界に先駆けて開発、実用化

〜再生専用ディスクを個別に分別可能〜

 ソニー株式会社(以下ソニー)および(株)ソニー・ディスクアンドデジタルソリューションズ(以下SDAD)はDVD-Video/ROM一枚一枚に個別IDを記録する技術、ポストスクライブドID(Postscribed ID)for DVDを開発しました。
 ソニーおよびSDADは、2002年にCD-ROMを対象に大量生産される再生専用型光ディスク1枚ごとに、クライアントの希望するフォーマットにて個別IDを書き込むことが出来るPostscribed ID(以下PID)を世界で初めて開発、導入しました。その後、インターネットの普及にともない、これを利用し、ディスクとネットワークが融合したアプリケーションを様々なマーケットにおいて展開して参りましたが、高画質映像コンテンツやプログラム容量の肥大化により、DVDにおいてもディスク一枚ごとのID書き込み実現への強い要望をいただいてきました。 この度、ソニーおよびSDADは独自の技術でDVDフォーマットのもつ強力なエラー訂正を考慮しながら、DVDフォーマットに準拠し、市販のDVDドライブでファームウエアや特殊なソフトウエアのインストールを行うことなく、ディスク1枚ごとに追記した個別IDを読み取ることができることを実現しました。これによりCD-ROMで提供していたサービスがDVD-ROMにおいても可能となります。
  • データ追記パターン
    データ追記パターン
 従来のCD-ROMを対象にしたPIDの技術は特殊反射膜に予め準備された固定のピットの配列領域に対して、ピット間のランドを追記するデータ情報に従い、精密にコントロールされたレーザーにて穴をあけ、ピットデータ配列を変えることにより、データを追記していたのに対し、PID for DVDは予め準備したランド領域に対して直接データを書き込むことでデータを追記しています。
 これはDVDのもつ強力なエラー訂正技術に対し、エラー訂正を含めたデータ追記を行うことで解決し、同時にDVDフォーマット (DVD Specification for Read Only Disc)への準拠も実現しています。この個別IDを記録するためのEFM+信号による直接記録方式は、書き込み時にプリレコードされたデータ領域への影響の回避や、データ追記技術(ライトストラテジー)の適用、特殊反射膜の開発等の高度な技術にて実現しています。

●「Postscribed ID for DVD」の主な特長

  1. 再生専用ディスク1枚毎に個別情報(IDデータ)を追記
    シリアルナンバーなどの他にも、お客様が自由定義したデータを記録することが可能です。

  2. DVD規格に準拠
    「Postscribed ID for DVD」は、DVDのもつ強力なエラー訂正技術に対し、予め準備したランド領域にエラー訂正を含めた追記データをダイレクトに書き込むことで、DVDフォーマット(DVD Specification for Read Only Disc)への準拠を実現しています。

  3. 既存のDVD-ROM対応ドライブで読取り可能
    内部ハードウェア(ファームウェア)などに変更を加えないで、市販される ほとんどのDVD-ROM対応ドライブで、IDデータの読み出しが可能です。 なお、IDデータの利用は、目的に合わせたソフトウエアと組み合わせて行います。

●「Postscribed ID for DVD」の主な仕様

記録フォーマット DVD規格(DVD Specification for Read Only Disc)に準拠
対応ディスク DVD-Video/DVD-ROM
追記データフォーマット 任意のバイナリーデータ
追記データ長 6/32/64/512 bytesの4種類
DVDユーザーデータ容量制限 4.2GB※
対応OS Windows2000/XP/Vista、Macintosh OSX(10.2以降)
 ※DVD9(Dual layer)への対応は現在開発中です。

*   Postscribed IDはソニー株式会社の商標です。
* Microsoft 、Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
* Macintoshは米国アップルコンピュータ社の米国およびその他の国における登録商標です。
* その他、記載されている製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。なお、本文中では、および(R)は明記していません。

●「Postscribed ID for DVD」のプレス製造に関するお問合せ窓口

ソニーPCL株式会社(日本)
 事業開発部IDB推進室
 
電話:03-5792-9336
電子メール:idb@sonypcl.jp
Sony DADC, U.S.(米国)
 Marketing & Direct Sales
 
電話:+1-800-358-7316
電子メール:websdm@sonydadc.com
Sony DADC, Austria(欧州)
 Marketing & Direct Sales
 
電話:+43-6246-880-555
電子メール:sales@sonydadc.com

●「Postscribed ID for DVD」の技術に関するお問合せ窓口

(株)ソニー・ディスクアンドデジタルソリューションズ内
 ポストスクライブドIDオペレーションアンドテクニカルサービス
                    電話:03-5448-2074
                    電子メール:info@postscribedid.com

このページの先頭へ