ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2007年10月15日

アートプロジェクト「Canvas @ Sony」開始のご案内

この秋、ソニービルが、ソニー製品が 新しいアート体験の“キャンバス”になる

 ソニーは本年より、新進「アート」をプロモートし、アートの新しい愉しさを提供するプロジェクト「Canvas @ Sony(きゃんばす・あっと・そにー)」を開始します。
「Canvas @ Sony」は、これから活躍が期待される新進アーティストを起用し、その作品をソニービルをはじめ、一部のソニー製品等を“キャンバス”と見立て、作品披露の機会 -表現の場-として提供していきます。 今回「Canvas @ Sony 2007」では3名の新進アーティストを起用し、10/16(火)から3週間にわたって作品発表のイベントを開催します。

  • 【左】アートウォール ※写真は合成によるイメージです。
    【右】コラボレーション製品群 ※最終製品とデザインが変更する可能性がございます。
「Canvas @ Sony」活動開始にあわせ、ソニービルでは、晴海通りに面したビル壁面全体を“アーティストの作品自体を掲出するメインキャンバス”と見立て、「アートウォール(横6メートル×縦38メートル)」として開設、銀座を象徴する新たなランドマークとします。またソニーの主要製品であるVAIO、“ウォークマン”、密閉型インナーイヤーレシーバー、またソニー・エリクソン製の携帯電話のパネルも、3人のアーティスト作品の“キャンバス”となり、製品自体は、イベント開催期間中、ソニービルで展示お披露目すると同時に、ソニーの直販サイト「ソニースタイル」等で限定販売を行います。

「Canvas @ Sony」は、これから活躍が期待される若いアーティストを支援し、ソニーとアートのコラボレーションによってアートの新しい愉しさを生み出していきます。




「Canvas @ Sony 2007」参加アーティスト:プロフィール

 
吉尾一(ヨシオハジメ)

1982年生まれ。奈良在住。悪戯っぽい目をした、ファッショナブルな女性のイラスト が特徴。2006年「digmeout 06」で特集。以来、ゴージャスでキラキラ感あふれるキャラクターが注目を集める。国内外での展覧会参加に加え、自動車メーカーのキャンペーン、海外の靴ブランドの年間広告ビジュアルなど、活動の場を広げている。
大谷リュウジ(オオタニリュウジ)

1975年生まれ。モノクロで描かれるグラマラスでヒロイックな人物たちは、100%デジタル。2002年「digmeout 02」で特集。髪の毛の一本一本からコスチュームまで、細かく計算された人物やエンブレムは、日本はもとより海外でも評価が高い。CDジャケットや店舗ロゴ、広告ビジュアルをはじめ、アパレルデザインなども手がける。
ZAnPon(ザンポン)

1981年大阪生まれ。2004年1月から絵を描きはじめる。2005年「digmeout 05」で特集。思うがまま、自由に伸縮する線が描く具象や抽象、人物や動物。これまでの絵画やイラストなどのジャンルを超えた才能が海外でまず評価を受け、日本に逆輸入される。CDジャケットのデザインや銀行のATMカードなど、多方面に活躍中。

「Canvas @ Sony 2007」概要

 
■開催期間 : 10月16日(火)〜11月4日(日)
■開催時間 : 11時〜19時 (※ソニービルの営業時間と同じです。)
■開催場所 : ソニービル8F コミュニケーションゾーン OPUS(オーパス)ほか館内(中央区銀座5-3-1)
■開催内容 :
  3人のアーティストによるソニービル「アートウォール」
  3人のアーティストとソニーとのコラボレーション製品の展示・限定販売
  3人のアーティスト作品を体感する展覧会“キャンバスギャラリー”

■プロジェクト公式WEBサイト: www.sony.co.jp/canvas/ ※現在はアクセスできません

■主   催 : ソニー株式会社
■共   催 : ソニー企業株式会社
■協   力 : ソニーマーケティング株式会社
■企画協力 : FM802 digmeout ※1
 
(※注1)digmeout
アートする大阪のFMラジオ局「FM802」が行っているアートプロジェクト。
これからの活躍が期待される若きアーティストたちを「digout(発掘)」し、局のビジュアルに採用。局制作ポスター、ステッカー、番組ガイドなどの媒体などを通じて作品を紹介。2001年7月に、アーティストたちを広く全国・世界に紹介するアートブック「digmeout」を創刊。「digmeout」は広く海外にもリリースされており、すでに多くの海外アーティストやエージェントからも様々なオファーが舞い込んでいる。そして2004年4月から、この「digmeout」は、従来の作家発掘、紹介活動に加え、「digmeout FACTORY」として、所属アーティストのエージェント・システムを開始。



以 上
このページの先頭へ