ニュースリリース

コンテンツメニュー
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
2007年12月04日

ソニー、再生可能エネルギー導入を促進

- 2010年度までにCO2排出削減貢献量を4倍に拡大 -

 ソニーは、温室効果ガス排出量削減施策の一環として、太陽光や風力、地熱、バイオマス発電などの再生可能エネルギーの導入に国内外グループ全体で積極的に取り組んでいます。 2006年度にはグループ全体で導入した再生可能エネルギーにより、全世界で約1万3000トンのCO2排出削減に貢献いたしました。今後はこうした再生可能エネルギーをさらに積極的に導入することで、CO2排出削減量を2010年までに4倍(2006年度比)の50,000トンに拡大してまいります。

 当社は日本において、遠隔地で発電された再生可能エネルギーを購入する仕組み「グリーン電力証書システム」(※1)を電力会社と共同開発し、2001年より利用しています。 本年10月には、新たに年間1600万kWhの木質バイオマス発電委託契約を締結し、他の国内グループ会社の契約分と合わせて、現在日本最大の3640万kWhの再生可能エネルギーを発電委託しています(詳細は(1)ご参照)。

 海外のオフィス・工場では、欧州において2002年度より再生可能エネルギーの導入を開始しました。
本年11月には、オーストリアの2つの事業所で、使用する電力のすべてを再生可能エネルギーに切り替え、これにより欧州で9つの事業所が100%再生可能エネルギーで稼動しています(詳細は(2)ご参照)。 これは、ソニーの欧州における全電力使用量の約41%に当たります。

 今後もソニーはさまざまな形態での再生可能エネルギー利用の拡大や省エネルギーを推進し、温室効果ガスの削減に取り組んでまいります。

(1)木質バイオマス発電による再生可能エネルギーを国内で新たに1,600万kWh契約

 本年10月に、新たに年間1600万kWhの木質バイオマス発電委託契約を締結し、既契約の発電分1550万kWhと併せた3150万kWh相当分の「グリーン電力証書」の発行を受けることとなりました。これにより、ソニー(株)は3150万kWh相当分の再生可能エネルギーを購入し、国内グループ会社の電力として利用したものとみなされます。 国内グループ各社合計の2007年度の再生可能エネルギー発電委託契約量合計は、年間3640万kWh(※2)に上り、この合計発電量によるCO2排出削減量は、約1万3760トン(見込み)となります。
 このたびの発電委託先は、木質バイオマス発電のプラントを所有する、能代森林資源利用協同組合(秋田県)です。 同組合は、発電出力3000kWの発電プラントを有し、2003年2月に運転を開始、実績ベースで年間約2000万kWhの電力量を発電しています。 ソニーは年間1600万kWhを基準量とし、同施設に発電委託いたします。
(2)オーストリアの2つの事業所を100%再生可能エネルギー化

 ディスク製造工場であるソニーDADC(Sony Digital Audio Disc Corporation)オーストリアおよびソニーオーストリア(販売会社)では、本年11月より、同施設の電力全てを水力発電による再生可能エネルギーに切り替えました。これにより、2つの事業所で使用する電力約5950万kWh(2006年度実績)すべて を再生可能エネルギーでまかなうことになります。この切り替えによる1年間あたりのCO2削減量は、約1万1000トンとなります。
以 上

※1 : 日本自然エネルギー株式会社提供
同社プレスリリース:http://www.natural-e.co.jp/
※2 : 3640万kWhの主な内訳:
ソニー(株)3150万kWh(従来からの契約量1550万kWh (風力+地熱)新規1600万kWh(木質バイオマス))、
ソニー国内関係会社490万kWh ((株)ホールネットワーク270万kWh、Music ON!TV Inc.70万kWh、ソニー企業150万kWh)

このページの先頭へ